おいしい生活

日々経験したこと、お役立ち情報などを書いていきます。

【本当に買ってよかったもの】お孫ちゃんが好んで履くのが「アキレスの俊足」。これがあってくれて良かった(*'▽')

おみなさんこんにちは。今日は子供靴について書きたいと思います。

 

いつからだろう、多くの靴のサイズが1センチ刻みになってきたのは。大人は工夫すればいいけど、子供靴でコレはNGじゃないかな。

 

f:id:k-mutumi:20171211235744j:plain

 

某大手シューズショップに、お孫ちゃんの靴を買いに行きました。気に入ったデザインの靴を試着したところ、ちょっとだけキツそうだったので、0.5センチ大きめのサイズが欲しいと伝えたら、「この靴は1センチ刻みのお作りになっています」と言われました。

 

ここ数年、子供の靴を買いに行くと、店員さんからこんなリアクションが返って来る事が増えた&ワンサイズ大き目の靴を勧められることがあります。

 

合わない靴の弊害は、想像以上に大きいらしい

私はライターという職業を通して、いろんな情報に触れます。 たとえば足の歪みの原因の一つがサイズの合わない靴を履くことという現実について。なので、ワンサイズ大きめの靴を進められたり、中敷きで調整というテクニックを教えていただいた時には、丁重にお断りすることに決めています。特に、子供の通学靴ならここは譲れません。

 

f:id:k-mutumi:20171212000104j:plain

 

私たちは毎日の生活の中で歩きます。その歩数は個人差がありますが、小学生の場合は1日に平均1万歩以上歩くのだそうです。

 

www.seikatsusyukanbyo.com

第1節 発育|平成27年版子ども・若者白書(全体版) - 内閣府

 

この歩数は、登下校時の歩数割合がほとんどで、それ以外では、工程や遊具で遊ぶ・移動・体育の授業・休日の遊びの時間などなど。実に多くのシーンで靴を履いて生活します。ごく当たり前なのですが。

 

その間、ずっと合わない靴で生活するのは、きっと大人でも歩きにくさを感じると思うのですが、そんな時に私たちの足に起きているのはコレなのです。

 

履く靴のサイスが大きいと、靴の中で足が動いて歩きにくい。それを解消するために、無意識に足の指を大きく広げる・足の指を上にそらすなど、靴が脱げないように足の指で器用に調整しています。

 

そうすれば、少々大きい靴を履いたとしても、歩き、動くことはできるのです。しかし、コレは別の問題を生む原因になっています。

 

f:id:k-mutumi:20171212000431j:plain

 

「浮き指」が足の歪みを招く

 

浮き指とは、足の指が地面につかず浮いた状態で歩く事。浮き指になっても、ほとんどの場合は気づかないのだとか。

 

正しい歩き方とは、足の裏全体を地面につけて歩く事なのですが、浮き指の状態で長期間歩くと、不安定な状態を強いられます。それをサポートするために足の筋肉がいびつな状態になり、O脚・下半身太り・足を引きずって歩く「すり足」などを招くのだそうです。そして、これらは将来的に慢性頭痛・めまい・肩こり・血行不良などなど、多くの健康問題に発展するほど深刻な問題なのだそうです。

f:id:k-mutumi:20171212000629j:plain

 

X脚、O脚の子を救う 歩き方&立ち方 | 雑誌『プレジデントファミリー』の公式サイト(プレジデント社)

 

だから、ホントはすぐにでも解決しないといけません。ですが、足の歪みは、ほとんどの場合痛みを伴わないので、はなかなか気づかないのです。

 

運よく気づくタイミングがあるとすれば、ゆがみから別の問題が生じ、生活に何らかの問題が生じたタイミングなのだどか。

 

だとえば、O脚の子どもが腰痛を訴えたために病院に行き、医師によって浮き指を指摘されたたとか、足を引きずって歩くクセのある子供が、そのクセが引き金となる大きなケガをした。それがきっかけで歩き方教室に通ったら、足の歪みを指摘されたなど。

 

f:id:k-mutumi:20171212000841p:plain

 

そんな感じで、問題が拡大した時にやっと気づくのだそうです。そこで気づいて矯正できるのはラッキーなケースで、そのまま気づかないでやり過ごされるケースの方が圧倒的に多いのだとか。

 

もちろん、脚にゆがみを持つ子供のすべてに健康問題が生じるわけではないのですが、「そうなってみないとわからない」というギャンブル的な状況は生まないに越したことはありません。

 

この事からいえるのは、「子どもにとって歩きやすい靴を履かせてあげることは想像以上に大切」だという事です。少なくとも、サイズの大きな靴を普段履きにするのはNG。

 

とはいえ、どうしてオシャレな靴が履きたい!なんてこともありますよね。ですから、オシャレ目的で履く靴と、普段の生活で履く靴は分けて考えましょう。

 

子どもの足のカタチは10歳までには決まると言われています。できる限り早めに子供の靴のフィット感・歩きやすさについてチェックしてあげましょう。

 

f:id:k-mutumi:20171212001127j:plain

おススメするのはやっぱりアキレスの俊足でした

 これまで、子どもや孫には多くの靴を選んできました。その長年の経験から一番おススメできる靴として、アキレスの俊足シリーズをおススメします。

ばあば目線でおススメする理由は・・・

f:id:k-mutumi:20171212001254j:plain

・0.5センチ刻みのサイズ設定になっている

・子どもの足の成長をサポートするいろんな機能が備わっている

・デザインが豊富

・取り扱い店舗が多く、入手しやすい

・価格が比較的安価

・値段の割に丈夫にできていてコスパが良い

・足にトラブルが起こりにくい(靴擦れ・痛みを訴えるなど)

・子供が好んで履きたがる(我が家)

 

[シュンソク] 運動靴 LEMONPIE CREAM  LEJ 3500 P ピンク 23.5 E

[シュンソク] 運動靴 LEMONPIE CREAM LEJ 3500 P ピンク 23.5 E

 

 

デザインは残念に感じる人もいるのかも。

それはただ1点、デザイン性ではオシャレなスニーカーには勝てないかもしれません。私個人としては、オシャレよりも機能性と思っていますので、我が家的にはデザインがイマイチでも全然問題なしです。

 

何より、小学校一年生の孫が「これが一番歩きやすいから好き💛」と言って、オシャレな靴を差し置いて履きたがるのが俊足なので、これが俊足をおススメする最大の理由です。凄いです、俊足(*'▽')

 

我が家のお孫ちゃんのお気に入りの俊足です(*'▽')購入して約半年が経過していますので、ちょっとくたびれて見えますが、まだまだ履けそうです。

 

左上に別ブランドの靴が映りこんでいます。これはデザイン性はお気に入り。でも歩きにくくて残念に感じているのだそうです。

 

f:id:k-mutumi:20171211231301j:plain

  

[シュンソク] 運動靴 LEMONPIE HI-STANDARD  LEJ 3600 P ピンク 22 2E

[シュンソク] 運動靴 LEMONPIE HI-STANDARD LEJ 3600 P ピンク 22 2E

 

 オシャレな靴は、休日専用で取り入れよう。

そんな孫娘ですが、そこは女の子。休日にオシャレなワンピースなどを着た日には足元のファッションにもこだわりを見せます。

 

今はキラキラ光るスニーカーが一番のお気に入り。サイズはジャストを購入しているのですが、歩きにくいのだとか。でもお出かけの時には頑張って履いています。

 

f:id:k-mutumi:20171212001530j:plain

安全・健康・コスパ優先ならば、アキレスの俊足がおススメです!

そんなわけで、今回は私の独断と偏見で通学靴ナンバーワンはアキレス社の俊足としてご紹介しました。

 

オシャレよりも、子どもの歩きやすさ・安全・健康が一番。そして親にとってはコスパも大切。ならば、それらを全部解消してくれる、アキレス社製の俊足を自信をもっておススメします。

 

これからも、子供が「嫌だ、履かない」というその日がくるまでは、このアキレス社の俊足にお世話になります。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

ばあばでした。

 

[シュンソク] 運動靴 LEMONPIE HI-STANDARD  LEJ 3600 P ピンク 22 2E

[シュンソク] 運動靴 LEMONPIE HI-STANDARD LEJ 3600 P ピンク 22 2E