読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【歩行器は慎重に】よく転ぶおまごちゃん。原因は歩き始めの歩行器かも知れない。

上のお孫ちゃん、よく転びます。

 

何にもない場所でも、ちょっとした段差でも。

 

 今朝も私の目の前で、転んでいました。

 

それを見ていて、いつも心が痛みます。

 

お孫ちゃんが転ぶのは

 

私が勧めた歩行器のせいかもしれないのです。

 

 歩行器を始めたのは7か月ごろ

 

上のお孫ちゃんが7月の頃、ママと一緒に歩行器の購入を検討。

 

良くわからないと言っている娘に

 

なんの迷いもなく歩行器を勧めたのはワタシ(-_-;)

 

ネットでメーカーサイトを訪れ、あれこれ情報収集。

 

7か月ごろから使用OKとなっていたので

 

早速購入&使い始めました。 

 

お孫ちゃんは大喜び。

 

歩けるのが楽しいのでしょう。

 

歩行器大好きになり、

 

これに乗せるとご機嫌でした。

 

f:id:k-mutumi:20170421090040j:plain

 

歩く楽しさを覚えたせいか、

 

歩行器に乗せていなくても、

 

すぐに伝い歩きを始めました。 

 

はいはい期間が長い方が良いのになんて思いながらも

 

お孫ちゃんが歩く姿を見て、「凄いね、早いね」なんて

 

喜んでいました。

 

が、実はこれ、大問題だったのです。

 

歩くのが早すぎるね!と医師からの指導

 

ちょうどその月に

 

病院での健康診断があり、

 

医師から「歩くのが早すぎるね!」

 

と、ちょっと厳しめの口調で指摘を受けました。

 

先生の雰囲気がいつもとちょっと違うぞと察し

 

「そうなんです。歩行器に乗せているのですが・・・」

 

と、その雰囲気にビビり気味で答えるワタシ(~_~;)

 

「あ~、止めた方がいいね」

 

と、あっさり中止勧告&こんな感じの説明を受けました。

 

 

「子供の成長には段階があり、首が座って、寝返りを打つようになって、ハイハイができるようになって、徐々に立ち、伝い歩きが始まる。

 

なので、歩行器を使わなくても、コドモはいずれ歩くようになる。

  

もちろんこれには、性格・体力や体格など同じで、早い遅いの違いがあるのも当然のこと。

 

それを道具を使ってまで早める必要はない。個々の速度でいいのです。

 

ムリに早めてしまったら、足腰を中心に、カラダに負担がかかったり、将来こけやすくなったりする。

 

なので、出来るだけ歩かさないでね( 一一)」

 

と、この一言で〆られました。

 

センセイアリガトウ。

 

気付かなかった私が悪い(-_-メ)

 

言われてみればその通り。

 

でも、言われるまで気づきませんでした。

 

私たちの子育て時代には

 

歩行器が当然のように存在し

 

歩行訓練に歩行器を使う事を当然だと思っていました。

 

しかし、時代は変わり

 

その歩行器による弊害が指摘される時代に変わっていたのですね。

 

ぜんぜん気づきませんでした。

 

イヤ、冷静に考えれば、

 

私たちの頃から、私が知らなかっただけで

 

歩行器の必要性に疑問を持っていた人は

 

少なからずいらしたのでしょう。

 

時すでに遅し

 

この日以来猛省し、歩行器の使用は中止。

 

おもちゃ部分を取り外して遊ばせました。

 

f:id:k-mutumi:20170421092921j:plain

 

 

しかし、歩きたがるお孫ちゃんを止める事はできず

 

歩行器を止めたら、

 

今度は自力で伝い歩きをしていました。

 

苦肉の策は失敗

 

出来るだけ歩かさないでね( 一一)

 

この、医師の言葉を思い出しながら

 

歩こうとするお孫ちゃんを

 

何とか止めようと、

 

はいはいごっこに誘ったり

 

おひざに乗せてみたりと

 

アレコレ工夫しましたがぜんぜんダメ。

 

気付けば伝い歩きをしているお孫ちゃん。

 

こうなると止める事は難しい。 

 

次に気になるのが転倒&ケガです。

 

苦肉の策で、家具の緩衝剤&ベビーゲージで対策を行いました。

 

f:id:k-mutumi:20170421102933j:plain

 

www.amazon.co.jp

  

すると、状況は更に悪化。

 

ベビーゲージの中でお孫ちゃん

 

実に楽しそうにぐるぐる歩き回っています。

 

これはマズイとなり、ゲージを更に追加購入。

 

Amazon CAPTCHA

 

Amazon CAPTCHA

 

3セット、全部で10枚のパネルを全部つなげて

 

広いスペースを作って、大人が一緒に中に入り

 

おもちゃもゲージの中にたくさん入れて

 

一緒に遊ぶ事にしました。

 

そして、歩いたら止める、又歩くので止める

 

この繰り返しの日々が数カ月続きました。

 

解禁の頃には・・・ 

 

そうしてお誕生の時期を迎え

 

歩行訓練も無事解禁となりました。

 

とはいえ、どんなに止めても歩いていたので、

 

この頃には、かなり上手に歩けるようになっていて

 

歩行訓練は終了していましたが、、、(ーー゛)

 

下のお孫ちゃんは

 

そんな出来事があったので、

 

下のお孫ちゃんには歩行器は使いませんでした。

 

そのせいかどうかはわかりませんが

 

歩行開始は平均的な1歳を過ぎた頃から始まり

 

その半年後にはとっても上手に歩いていました。

 

f:id:k-mutumi:20170421114356j:plain

 

 

そして、3歳を超えた今

 

歩くのも走るのもとっても上手です。

 

 

もちろん、個人差の範疇かもしれませんし

 

先入観が働いているのかもしれません。

 

ただ、少なくとも、上のお孫ちゃんみたいに

 

何でなにもないところでこけるの?と

 

そんな事はあまりないカナと感じています。

 

大切な事は後から気が付くものですね。

 

その後、すくすく育った上のお孫ちゃん

 

今や小学生ですが、いまだにとっても転びやすい。

 

もちろん、「絶対に歩行器が悪かった」とは言えません。

 

しかし、使う必要はなかったと反省した事は確かです。

 

なにかと便利な世の中ですが、

 

ほんの少しの想像力を発揮して

 

その便利さの裏に潜んでいる「問題の可能性」に

 

気付ける自分でありたいと思いました。

 

そして、これからどんな風に

 

上のお孫ちゃんの「転びやすい問題」に向き合っていくのか

 

考えたいと思います。

 

参考までに

ネットでみつけた記事ですが、情報ソースがしっかりしている物でしたので、リンクしておきます。

 

ご参考になれば幸いです。

 

参考元:栗東よしおか小児科の院長ブログ

yoshi830.hatenablog.com

 

参考元:一般社団法人 日本母親支援協会

rakux2ikuji.net

 

おしまい。