読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インフルエンザの家庭内感染を防いだ我が家のルール

人生初のインフルエンザ

 

生命の危機を感じたインフルエンザB型。

 

季節外れだとばかり思っていたら、

 

ドクター曰く、「B型は毎年4月~5月にもそこそこ患者さんいるんだわ」との事でした。

 

だから保育園でも流行ってたのですね。

 

知らなかった(#^.^#)

 

やっと体調も何とか戻り、昨日から仕事復帰しています。

 

とはいえ、まだ咳が酷くて息をするのも辛いです。

 

それを完治させるための薬を飲んでいるのですが、

 

これがまぁ、半端ない睡魔に襲われるわけです。

 

コーヒー飲むとカラダが冷えて治りが悪くなるので、

 

筋トレしながら必死に目を覚まして

 

仕事しています。

 

人生初、いや、大人になって初めてのインフルエンザは

 

まだいろんな意味で私を悩ませています。

 

しかし、経験して良かった。

 

かかったからこそ分かる事もたくさんありました。

 

今後、家族の看病に生かせると思いますので(*^^)v

 

今回は油断していたので

 

私は感染してしまったのですが、

 

夫と娘には感染することなく

 

何とかやり過ごす事ができました。

 

普段から実践している

 

我が家のルールが功を奏したのだと思いますので

 

ご紹介したいと思います。

 

 

準備するもの

・マスク→出来るだけスキマなく装着できるタイプが良いです。

・ハンカチ→家庭内で使います。

・メガネかゴーグル

ウイルスブロックスプレー

・ハンドソープ→除菌タイプ

・食器洗剤→除菌タイプ

・除菌スプレー

ジップロック

 

家庭内での感染拡大を阻止した方法

 

我が家では、誰かが風邪やインフルエンザなどの感染症にかかった場合、こんな取り組みを実践しています。

 

①タオル類は全て撤去して、各々自分専用のタオルかハンカチを使用する事。

※↓↓↓これが活躍します。

f:id:k-mutumi:20170328234228j:plain

 

②大人は全員マスク&可能ならばメガネを着用する。

※我が家のホームドクター曰く、口:鼻:目の感染率は4:3:3くらいでほぼ同数なのだそうです。家庭内ではゴーグルやメガネが有効だと教えて頂き実践しています。

③ウイルスブロックスプレーを併用する事。

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%95%E3%83%9E%E3%82%AD%E3%83%A9%E3%83%BC-%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%88-%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B9-%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%81%A7%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF-160%E5%9B%9E%E5%88%86/dp/B00F3PU9O4/ref=sr_1_1?s=hpc&ie=UTF8&qid=1492135592&sr=1-1&keywords=%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC

 

 ④罹患している人の洗濯物などを扱う時には要注意→

マスク・メガネの着用&さわった後は必ずハンドソープを使用して手を洗う。

※除菌タイプを活用しています。

 

⑤使用した食器類は、軽く水で流して、シンク内の洗剤液につける事。※除菌タイプの洗剤を使用しています。

 

⑥便座を使用した後は、スプレーで消毒する事。

www.amazon.co.jp

⑦食事のタイミングをずらす。

 

⑧マスクを外す時には、除菌スプレーを吹き付けて、自分専用のジップロックに入れる。捨てる時にはジップロックごと蓋付きのごみ箱に捨てるか、外のごみ箱に直接捨てる。

 

⑨鼻水や痰などは、トイレに流すか、外のごみ箱に捨てる。

 

最初、家族には少し大げさだとか言われたのですが、小さな子供がいる事・上のお孫ちゃんが風邪の症状がとても強く出るタイプの子だという事を説明して、我が家のルールとして浸透させました。

 

保育園や学校に行っていると、外での生活では防ぎようがないのですが、せめて家庭内での感染を防ぐ事ができればと思い実践しました。

 

実際は、上のお孫ちゃんが感染源となる事が多いのですので、このルールで守られているのは、大人カナ?という印象です。

 

大人も仕事や病気の子供の看病など、出来る限り感染を防ぐべきなので、それはそれでメリットは大きいです。

 

普段の生活の中でのちょっとした工夫ですが、取り入れて感染拡大を防いでみてください。

 

おしまい。