リーボックのクラシックレザー、レビュー投稿してみました(*´ω`*)

f:id:k-mutumi:20180418003146j:plainみなさまこんばんは。

 

昨年12月、夫とおそろいで購入したリーボックの「クラシックレザー」。

毎日のウォーキングにとっても役立っています。

 

購入して約4カ月、そろそろ時期かな?と思い、オフィシャルサイトにレビュー投稿しました。

 

良かったら覗いてやってください<(_ _)>

よろしくお願いします!

 

レビューのタイトル⇒「50代の私たちにも、パーフェクトなスニーカーです。」

 

reebok.jp

 

ばあばでした。

岡山市半田山植物園は色んな花が咲き誇っていました♬

桜祭りの後は......

f:id:k-mutumi:20180412084302j:plain

皆さんこんにちは。

またまた岡山のローカル情報。半田山植物園についてです。ここ、とっても好きなんですよね~。桜祭りの余韻にでも浸ろうかと、夫とともに散策していたら、桜に負けず劣らずきれいな花たちが咲き誇っていて、とっても幸せな気分になりました。

 

桜祭りの後は......

f:id:k-mutumi:20180412084445j:plain

f:id:k-mutumi:20180412085136j:plain

入口付近では、「ボケ」の花が満開。とってもキレイでした。

ボタン祭り?始まるみたいデス。

f:id:k-mutumi:20180412084358j:plain

f:id:k-mutumi:20180412084705j:plain

手のひら程の大きさ、いやもっと大きいカナ?ボタンの花が咲き誇っていました。甘い香りにも癒されます。

f:id:k-mutumi:20180412085019j:plain

桜の次はボタン祭りなのだそう。楽しみです。

 

実は、八重桜は満開

f:id:k-mutumi:20180412085325j:plain

f:id:k-mutumi:20180412090330j:plain

桜祭りは終わりましたが、八重桜は満開。咲きこぼれるほどでした。

f:id:k-mutumi:20180412085634j:plain

太陽の光を浴びて、とても美しかったです。

 

満開を過ぎたカナ?可愛い庭桜です。

f:id:k-mutumi:20180412085804j:plain

こんなのが庭で咲いていたら、ほっこりしますよね。植えようかな?育つかな?

 

敷き詰められたよう。

f:id:k-mutumi:20180412085922j:plain葉桜となった木の下には、ブルーの花が一面に咲いています。思わず「キレイ」とため息が出ました。

f:id:k-mutumi:20180412090150j:plain

近くでも見ると、星型の花で可愛いです。

 

他にもたくさん

至るところでにパンジーが......

f:id:k-mutumi:20180412090429j:plain

f:id:k-mutumi:20180412090550j:plain

f:id:k-mutumi:20180412090600j:plain

f:id:k-mutumi:20180412090614j:plain

これ、ヤマモモだそうです。

f:id:k-mutumi:20180412090649j:plain

芝桜に......f:id:k-mutumi:20180412090715j:plain

なんでしょ、コレ。

f:id:k-mutumi:20180412090806j:plain

ズームしてみると......

f:id:k-mutumi:20180412090852j:plain

ムムム......

f:id:k-mutumi:20180412090907j:plain

スズランみたいな花がたくさん。これはこれで可愛い。

 

チューリップも満開

f:id:k-mutumi:20180412091107j:plain

f:id:k-mutumi:20180412091139j:plain

f:id:k-mutumi:20180412091152j:plain

枝垂桜は......

f:id:k-mutumi:20180412091229j:plain

すっかり葉桜だけど、これも悪くない。

 

新緑は美しい。

f:id:k-mutumi:20180412091351j:plain

f:id:k-mutumi:20180412091508j:plain紅葉もこのとおり。キラキラしてみえました。

 

芝生の広場で...... 

f:id:k-mutumi:20180412091802j:plain

まったりして(*'▽')

 

展望台で......

f:id:k-mutumi:20180412091844j:plain

まったりして( *´艸`)

 

ロックガーデンではちょっとだけ......

f:id:k-mutumi:20180412091945j:plain

やっぱりまったりしました(*´ω`*)

 

以上、ばあばでした。

 

最後までお読みいただき、感謝です<(_ _)>

 

 

 

 

【2018年3月29日】岡山市内の半田山植物園は本日満開!

今週のお題「お花見」

 

f:id:k-mutumi:20180330002536j:plain

みなさんこんばんは。昨日に続き、半田山植物園の「桜」について、お花見キャリア30年の私が詳しくお伝えします。

 

2018年3月29日、本日の開花状況はほぼ満開

f:id:k-mutumi:20180330002629j:plain

f:id:k-mutumi:20180330002557j:plain

今日、ちょこっと半田山に行ってきました。その時の写真です。園内の桜はすでにほとんど満開でした。

 

散り急ぐ桜もちらほらとありましたが、まだまだ数日間は楽しめそうな雰囲気です。とはいえ、気温の高さを考えると、今週末がベストかもしれませんね。

後楽園から半田山へ

f:id:k-mutumi:20180330002705j:plain

 毎年後楽園の園内、あるいは旭川沿いの桜並木でお花見をしていたのですが、ある年を境に半田山植物園にシフト。

 

家族に誘われて行ってみたら、その美しさに感動。どうしてもっと早く来なかったのだろうと後悔するレベルでした。

 

以来毎年、お弁当もって、半田山植物園でのお花見を楽しんでいます。

 

後楽園と半田山の違い

 

後楽園園内は厳か、旭川沿いは賑わい、そして半田山はこじんまりした華やかな場所という印象です。

 

遠くから見ると、まるで小さな半田山全体を覆うように桜が咲いているように見えます。園内を散策すると、桜の天井の下を歩いているような、あるいは桜のトンネルを通っているような、そんな場所。

 

「桜をゆっくり見たい」という私にピッタリの場所でした。

 

半田山には屋台はでませんし、カフェもありません

f:id:k-mutumi:20180330002809j:plain

半田山には屋台は出ません。園内にはカフェもありません。時々テントでフレッシュジュースなどを販売していますが、お花見の間はどうなのカナ?

少なくとも今日は出ていませんでした。

 

自動販売機はあります。入口付近で桜のお饅頭とか、ロールケーキ・植物にちなんだ雑貨なども販売していました。

 

食べるものはそれくらいなので、園内でゆっくりしたい人は、お弁当持参がベストです。

※徒歩10分程度の場所に、ローソンとセブンイレブンがあります。

 

園内に公園はありませんが、子供が遊べる広場が。

f:id:k-mutumi:20180330003712j:plain

園内には遊具などはありませんが、芝生の広場があり、バドミントンや縄跳びなどを持参すれば遊べる場所です。

 

それと、ここはポケモンGOポケストップがいくつかあります。しかし、園内でも歩きスマホはやっぱり危険。注意して遊びましょうね。

 

坂や階段が多い

f:id:k-mutumi:20180330004025j:plain

f:id:k-mutumi:20180330004423j:plain

f:id:k-mutumi:20180330004446j:plain

半田山はその名の通りお山ですので、移動は階段か坂道ばかりといっても過言ではありません。

 

ホントに小さな山ですが、それなりに傾斜があります。園内の道は、可能な限り緩やかに歩けるように工夫されていますが、ベビーカー・車いす・杖の必要な方は気をつけてくださいね。

 

夜桜は本日3月29日から開始です。

f:id:k-mutumi:20180330004551j:plain

本日より、半田山植物園は桜まつりの真っ最中。園内はライトアップされていますので、夜桜も楽しめます。

 

3月29日(木)から4月7日(土)までは、延長営業するそうで、21時まで開園しています。通常は火曜日がお休みですが、この間は無休なのだとか。

※入園は20時まで

 

4月8日が桜まつり最終日ですが、ライトアップはありません。閉園も18時30分ですのでご注意ください。

※入園は18時まで

入園料その他

入園料・駐車場もさほど高くはないです。

f:id:k-mutumi:20180330004622j:plain

 

気になる駐車場事情は・・・

f:id:k-mutumi:20180330101716j:plain

これは、昨日3月27日の駐車場です。普段はもっとガラガラですが、さすが桜祭り。それなりにとまっています。この日はまだまだ余裕ですが、これはきっと平日の昼間だから。

 

週末になると、入り口付近から長蛇の列になっていることも珍しくないです。近隣にはコインパーキングもありませんので、その点がちょっと気になりますね。

行きたいけど、いけないな......そんな人は

 昨年、私はインフルエンザでこの季節を布団の中で過ごしましたので、お花見には行けませんでした(*’▽’)

 

理由はともかく、「行きたいけどいけない!」なんて人は、この画像をどうぞお楽しみください。でも、写真のクオリティは・・・お許しください(*'▽')

 

晴天の中散策開始です

f:id:k-mutumi:20180330004932j:plain

満開の桜

f:id:k-mutumi:20180330005024j:plain

しだれ桜

f:id:k-mutumi:20180330005157j:plain

ロックガーデン

f:id:k-mutumi:20180330005230j:plain

町を一望

f:id:k-mutumi:20180330010614j:plain

桜の天井みたいです

f:id:k-mutumi:20180330005316j:plain

至るところでこんな風景。

ほのぼのします。

f:id:k-mutumi:20180330005349j:plain

遠くから見たり・・・

f:id:k-mutumi:20180330005445j:plain

まじかで見たりもできます(*'▽')

f:id:k-mutumi:20180330005534j:plain

てっきり桜かと思ったら・・・

f:id:k-mutumi:20180330005728j:plain

ウメなのでした( *´艸`)

f:id:k-mutumi:20180330005807j:plain

ハリーポッターに出てきそうな木、ちょっと怖い?

f:id:k-mutumi:20180330005825j:plain

こういうの、なんだか岡山らしいですよね。

可愛い♬

f:id:k-mutumi:20180330005942j:plain

モミジの緑も美しい

f:id:k-mutumi:20180330010027j:plain

こんなにおっきい松ぼっくりが落ちてたり・・・

f:id:k-mutumi:20180330010108j:plain

ひときわ鮮やか。

f:id:k-mutumi:20180330010231j:plain

芝生の広場・・・

f:id:k-mutumi:20180330010358j:plain

でも、やっぱり「桜」ですよね。

f:id:k-mutumi:20180330010522j:plain

 

おしまい。

最後までお読みいただき、感謝です。

 

ばあばでした。

【岡山のお花見だより】後楽園もいいけれど、半田山植物園の桜もキレイです💛 

半田山植物園の桜

 

お花見の季節到来!岡山後楽園もステキです。倉敷の酒津公園や津山の鶴山公園もすごくキレイなのだそう。

 

しかし今回は、半田山植物園の桜の開花をリアルにお伝えします。そこまで有名ではないのですが、とってもきれいな穴場的スポットなのです。

 

完全ローカル、岡山の人限定となりますが、お付き合いください。

  

2017年3月28日の半田山植物園

f:id:k-mutumi:20180328151923j:plain

 2018年3月28日の半田山植物園はこんな感じ。山の色がほんのりピンクに染まって本当にキレイです。昨日の朝はもうちょっとかな~と眺めていたのに、暖かいからカナ?一気に咲いたみたいです。

 

日本気象協会が朝9時に発表した開花速報によると、五分咲きの状態なのだとか。

 

参考元:日本気象協会

tenki.jp

 

もうちょっと寄ってみますね。

f:id:k-mutumi:20180328152037j:plain

 

凄くキレイ。ぱっと見満開カナ?と思いますが、これでまだ五分咲きなのですね。この写真を撮影したのは午後だったので、朝に比べて更につぼみが膨らんでいるのかもしれません。

 

3月25日に岡山地方気象台から開花宣言が出され、満開まで約1週間とのことでしたので、今週末には満開を迎えるのではないでしょうか?

 

参考元:山陽新聞デジタル

www.sanyonews.jp

「晴れの国おかやま」らしく、週末まで天気の崩れもなさそうです。

 

参考元:山陽新聞デジタル

www.sanyonews.jp

 

 まとめ

半田山植物園の桜は、今週末には満開を迎えそうです。天気の崩れもなく、暖かい日が続きますので、お花見には最適の週末になりそうですね。

 

もし、ゆっくりと過ごす予定なら、お弁当を持って来られるのをおすすめします。(半田山植物園は屋台は出ないです)

 

毎年恒例の夜桜イベント(ライトアップ)の予定など含め、明日またレポートする予定です。

 

最後までお付き合いいただき、感謝です。

 

 

 

【本当に買ってよかったもの】50代のスニーカー選びは何かと難しい。色々考えてリーボックのクラシックレザーをペアで買って正解だった。

50代の夫婦だけど、リーボックのクラシックレザーをペアで買ってみたら、なんだかとっても幸せな気分になった。

 

f:id:k-mutumi:20171217000715j:plain

 

皆さんこんばんは。

 

私たち夫婦は共に50代。

すでに孫が2人いますので、じいじとばあばです。

 

今でもわりと仲良しで、

夫婦でウォーキングしたり、ドライブしたり、ランチに行ったりと、一緒に過ごす時間が案外楽しいです。

 

f:id:k-mutumi:20171217150612j:plain

 

そんな私たちですが、長年夫婦で楽しく時間を共有するには、ちょっとした工夫も必要。

 

「たまにはお揃いで気分を上げよう!」というのが、今回の工夫です。という事で、スニーカーを購入することにしました。

 

購入条件はというと、

  • 1足1万円以内
  • 落ち着きのあるキレイ目のデザイン
  • ペアでそろえることができる
  • 普段履きとウォーキングの両方に適している
  • 足の冷たさを軽減してくれる
  • 厚手のソックスでも履くことができる
  • 50代でもさらっとカッコよくこなせる

と、そんな感じでした。

 

条件に合うものをと、ネットであれこれ検索していたら、リーボックの広告が目に留まりました。

 

昔私は好んでリーボックさんの靴を履いていたな。と、そんなノスタルジックな思いからサイトへGO。

 

すると、既に大々的なセールが始まっていて、会員登録すると、さらに20パーセントオフチケットをゲットできるとのこと。

こうなると、主婦としてはもう買うしかない!という感じで気分がどんどん盛り上がるのです(*'▽')

 

 リーボックは小さいという口コミが・・・

あれこれ物色して、欲しいデザインはクラシックレザーに決定。あとは注文だけというタイミングで、一応見ておこうかと口コミをチェック。すると、そんな私のウキウキな気持ちをクールダウンさせる情報が目に飛び込んできました。

 

それは、リーボックは小さい」というもの。確かに、同じサイズでもブランド・デザイン・用途・素材などなど、いろんな条件で大きさに違いがあります。

 

そこで、こんな思いが頭に浮かびました。

 

  • 折角買うなら失敗はしたくない。
  • ここまで安く買えるのはこのオフィシャルサイトだけ。
  • セール品をここで買うと、返品交換は受けれない。

 

さあどうする、わたし。

 

オフィシャルサイトとアマゾンの口コミに運命を任せてみた。

そうなると、一番ありがたいのは実際に使用している方の口コミ情報ですので、オフィシャルサイトとアマゾンの口コミをそれぞれチェックしてみました。

reebok.jp

 

オフィシャルサイトの口コミは1件のみでしたが、とても参考になりました。

以下が、オフィシャルサイトの口コミです。

特に、下の表にある履き心地を数値化した評価項目が参考になりました。

 

最高です。
色もキレイだし、質感も文句なし。おススメです
セール中だしお得だと思います。
色違いの購入も考えています。

 f:id:k-mutumi:20171217003031p:plain

 

ここから読み取れるのは、

  • フィット感はルーズ
  • 丈は長い
  • 着心地はほぼ問題ないレベルの快適さ
  • 品質には満足している

という事でした。

 

アマゾンの口コミからは・・・

アマゾンはというと、全部で11件の口コミ情報があり、星の数は5点満点中の4.5と高評価。低評価は0件というのには期待が膨らみます( *´艸`)

 

しかし、そこは冷静に分析しなきゃ。

大切なのは何が書かれているのかといった、「内容」ですので、それらについて詳しく見てみると、以下のことがわかりました。

  • デザインついてはほぼ全員が満足している⇒11人中11人
  • 履き心地はぼちぼち満足度が高い⇒11人中4人
  • サイズは大きめをチョイスするほうがベターとの意見が散見⇒11人中3人

という事でした。

 

結局、オフィシャルサイトのセールで買った💛

ってことで、結局購入。ひも靴だからサイズ調整が可能だし、大きめを買っておけば安心だとか、なんだかんだ言い訳しながら、実際には欲しい気持ちを抑えられずに買ったのです(*'▽')

 

サイズは大きめをチョイス

口コミの情報を参考に、普段22.5センチの私は23.0を、26.0センチと26.5センチを使い分けている夫には26.5cmを購入しました。

 

実は、私たち二人ともアシックスウォーキングさんで計測していただいた経験があるので、靴のサイズは正確に知っているのです!

 

さあ、このチョイスがどう出るか? 

色違いのクラシックレザー到着

 

f:id:k-mutumi:20171217005318j:plain

 

来た来た、クラシックレザー。

到着後の箱。こんなに大きさが違うのだな~と眺めつつ、早速オープン♬

 

f:id:k-mutumi:20171217000715j:plain

早速開封して眺めてみました。これを見た時の夫の笑顔を思い浮かべ、気分はやっぱり上がります(*'▽')夫と一緒に履くんだという思いでニマニマです( *´艸`)

 

f:id:k-mutumi:20171217011846j:plain

f:id:k-mutumi:20171217011925j:plain

スエード素材のスニーカーです。夫にはブラックを、私はネイビーを購入しました。写真とるの下手でスミマセン。

 

ボケていますが、実物はとってもきれいなスニーカーです。キレイ目にも履きこなせそうです。50代の夫婦にはちょうど良い感じの落ち着き具合カナと思っています。気になる方は、こちらでチェックしてください。

reebok.jp

 

f:id:k-mutumi:20171217010141j:plain

ソールはこんな感じ。なんだかしっかりとホールドしてくれそうて安心感があります。歩きやすさはどうかな?と、期待大です。

 

f:id:k-mutumi:20171217010306j:plain

ソールは想像以上に厚いです。中と外で3センチくらいはあります。

デザインもステキ💛全体のカラーと、ソールの白&ラバーのバランスが絶妙に良い感じです♪

 

さて、履き心地はどうでしょう?

 

履き心地も文句なしでした。

f:id:k-mutumi:20171217012136j:plain

早速「履き心地」テストです。二人ともニマニマしながら、テストの開始です。

 

評価内容は

  • 厚手のソックスで履けるか⇒既にはけているので合格
  • 歩いてて足が冷たくならないか
  • 30分歩いても脚に痛みは出ないか

※厚手のソックスとは、ここではユニクロヒートテックの厚手の事です(*'▽')

www.uniqlo.com

 

f:id:k-mutumi:20171217013218j:plain

30分、私の歩幅で4803歩歩きましたが、冷たさ・痛み共にかんじませんでした。むしろ、初めて履いてこの歩きやすさはさすがだよね。と二人とも感心していました。

 

サイズはやっぱり大きめ購入で正解!

初めてのウォーキング後の評価を書いておきます。

 

アシックスウォーキングの方曰く、夫の足は

  • 幅も高さも至って普通の足
  • 歪みもほどんどない
  • どちらか片方の足がやや大きい(どっちか忘れました)

のだとか。なので、素材が硬い・素材が薄い・先が細い靴の場合、0.5cm上げることも検討した方が良いと教えていただきました。

 

www.asics.com

 

という事で、26.5cmを購入しました。

 

私の場合は

  • 幅はやや細いが高さは普通
  • 歪みもない
  • 左足が22.5センチで、右はそれでもちょっと大きいかもしれない。

とのことでした。確かにパンプスなどは中敷きなどで調整するか、ミスターミニットさんで直していただきます。

 

www.minit.co.jp

 

そんな私が23.0は大きいだろうと思われるかもしれませんが、冬は「足が冷えない不思議な靴下」や、「ファルケ」など、かなり厚手のソックスを履くことがあるので、冬用のスニーカーは23.0のひも靴を購入することにしています。

 

www.kiribai.co.jp

search-voi.0101.co.jp

 

夫も私も紐の部分をキツメにしめてちょうど良い感じ。靴の中で脚が動く感じは今のところないです。普段よりもさらに分厚いソックスを履くと、靴く感じるので、紐を緩めています。

 

そんな風に調整して履けるので、サイズ的にはこれでよかったかなと満足しています。

 

長く履くとまた様子が変わってくるかもしれませんので、その時には追記しますね(*'▽')

結論

  • 歩きやすい
  • 足が冷たくならない
  • デザインが好き(個人的意見です(*'▽'))
  • フィット感が良い

という事で、相変わらずリーボックは良い靴でした。

 

サイズは大きめをチョイスしましたが、

  • 脱げない
  • かかとが抜けない
  • 靴ずれもできない
  • 靴の中で足が安定する

ので、よかったのだと思います。という事は、大きめを購入した方がベターだとなりました⇒私たちの場合。

 

でも、薄手のソックスに変えた時どうなのだろうとちょっと不安ですので、春先にでも薄手のソックスで試してみたいと思います。

 

その時にはまたレビューします(*'▽')

 

【番外編】新しい靴のルール

 そういえば、新しく靴を購入した時のルールがあるみたいですので、ちょっとご紹介しておきます。

f:id:k-mutumi:20171217013340j:plain

  • すぐに撥水スプレーで汚れ対策
  • いきなり長時間は履かない
  • 一日30分程度履いて足になじませ、徐々に時間を伸ばす
  • 毎日履かない
  • 自分の足に合わせて靴ひもの調整をする

と、これらが靴を長持ちさせ、快適に履くためのポイントなのだとか。長年靴屋さんに勤務していた従妹に教えてもらい、早速実践です。

 

撥水スプレーは2段階で

撥水スプレーは目立たない場所にちょっとだけ吹きつけて、シミなどの問題がなければ全体に吹きつけます。2段階でしましょうね。

 

毎日履かない

新しい靴は毎日履かず、短時間履く⇒OFF⇒時間を伸ばす⇒OFF・・・とこれを1週間くらい繰り返して鳴らすのが長持ちの秘訣らしいです。

 

私たちの場合、毎日夫婦で30分ウォーキングしていて、しょっぱなから履き続けているので守れていません( ゚Д゚)

 

まいっか。

 

スエード専用のブラシでやさしく汚れを落とす

これを毎日するだけで、いつもきれいな靴を履くことができるのだとか。白いの買ったらそうしようねと言いながら、私たち夫婦はこれも守れていません。ダメダメですね。

これも、まいっか。です。

 

最後までお読みいただき、感謝です。

ありがとうございました。

 

ばあばでした。。

 

f:id:k-mutumi:20171220004543j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

【本当に買ってよかったもの】すでに9年目。ホンモノと見間違えるクオリティのNakajo's Christmasさんのクリスマスツリー

Nakajo's Christmasさんのクリスマスツリー、購入の決め手・買って良かった事・残念だった事などなど。

f:id:k-mutumi:20171219121731j:plain

 

幼いころからの夢、ずっと欲しかったのは大きくてホンモノみたいなクリスマスツリー。約9年前にやっと購入したのがNakajo's Christmasさんのクリスマスツリーです。

 

購入の決め手・買ってよかったこと・悪かったことなどなどをご紹介します。

Nakajo's Christmasさんのクリスマスツリー購入の決め手

まずは、購入の決め手についてご紹介します。

  • 実店舗+ネットで相当数見て回った中で、一番ホンモノに近いと思えた。
  • 商品・会社に対するネットの口コミがすこぶる良かった
  • 長年使用しているという口コミがあったから
  • 実際に使用している人の画像が多数紹介されていて、素敵だなと思えた
  • 商品購入に必要な情報のほとんどはオフィシャルサイトに掲載されていた
  • Nakajo's Christmasさんへの問い合わせに対する対応が丁寧・親切・迅速だった
  • 予算内でツリーもオーナメントも購入可能だった

こうなると、買わない理由が見当たりません。もともと購入前提でのリサーチでしたので、さほど迷うこともなく購入を決めました。

 

www.nakajo.co.jp

 

買ってよかった事

  • 今年で9年目(多分)ですが、目立った劣化は感じない
  • 家族全員気に入ってくれている
  • 時々ホンモノと間違われる
  • 自分も買いたいのでどこで買ったか教えてほしい!と言われたことがある
  • コスパの良さに驚かれることがある
  • 丈夫で長持ちなので、一生ものになるかもしれないと期待している
  • ツリーを通して家族の思い出が刻まれている

これらの理由から、本当に買ってよかったと思っています。

 

長年愛用されている方々の口コミ

「我が家のクリスマスツリー」応募写真より

10年以上愛用しているアルムスレンダーです。今年はいつもと趣向を変えて、ポップな感じにしてみました。

 

今年で10年目くらいのフェアリーフォレストツリー。
4人の我が子たちと、家庭文庫の子ども達と、楽しんでます。
今年はコットンボールのオーナメントを沢山作りました。
刺繍糸のも良いですが、ライトを付けた時はモヘアの毛糸で作ったものが素敵でした。

 

アニメ・トムとジェリーに出てくるクリスマスシーンの大きくて色々な飾りのついたツリーは私自身の小さな頃からの憧れでした。
中城さんの大きなツリーを飾る様になって七回目のクリスマス。
憧れのツリーに近づけたらな…と思いつつ今年も小さな我が子達と飾り付けました。
11月初旬から約二ヶ月近くツリーを楽しめるこの時期が何よりも大好きです。

 

残念だった事は特にない。けど、慎重さは必要

残念だったことは特にありません。でも、購入時や使用中に注意した方がいいかなと思うことはありましたので、ここでご紹介します。

  • 小さな子供がいる家なら、ツリーの転倒や、枝先でのケガなどには注意が必要
  • 大きくて重さもあるので、安全に収納できる場所の確保が必要

9年間使用して感じた事はこれら2つでした。

 

特に孫がまだ1~3歳の時には「孫の上に倒れたらケガするから大変だ!」とか、「枝先が目に刺ささらないように」と、それなりに対策をしました。とり越し苦労だったのカナ?幸いなことにそういったトラブルもなく、孫もある程度聞き分けのできる4歳となりましたので一安心です。

 

置き場所は何とか確保できたので我が家的にはOKだったのですが、収納に不安があるならば、これも事前に考えておく必要があります。

 

という事で、注意点として書いておきますね。これから購入を検討されている方はご参考になさってください<(_ _)>

 

私にとってクリスマスツリーは夢と思い出のカタマリなのです。

クリスマスまであと約10日となりました。

f:id:k-mutumi:20171215134804j:plain

毎年クリスマスツリーを出す度に、過去のいろんな思い出を回想します。

 

大きなクリスマスツリーが夢でした。

f:id:k-mutumi:20171213103652j:plain

これは我が家のクリスマスツリーです。

これは私の昔からの夢。

幼いころから「本物に見えるくらい精巧で、ちょっと大きめのクリスマスツリー」が欲しいと思っていて、いろんな条件がクリアされた9年前にやっと実現しました。ですが、これを買うまでは結構大変だったのを記憶しています。

 

というのも、いざ購入するとなると、案外希望通りのものには出会えず、実店舗とネットであれこれ探しまわりました。

 

幼いころからの夢だったので、妥協はしたくない。

でも、予算を守るのも大切ですのでそこも譲れない( *´艸`)

 

そんな時、ネットで出会えたのが、Nakajo's Christmasさんのツリーでした。

 

www.nakajo.co.jp

 

見た途端「これだ!」と思い一瞬の躊躇の末に注文しました。

 

このNakajo's Christmas さん(中城産業株式会社さん)は

兵庫県姫路市にあり、行こうと思えば行ける距離にありました。

ですので、一瞬、「実物を見に行こうか?」とも考えたのですが、

思い直してすぐに注文しました。

 

その一番の理由は、口コミ評判がすこぶる良かったから。

そして、

  • 予算内で購入できる
  • 見た目が綺麗だった
  • HPサイトに購入に必要な情報が網羅されていた
  • HPサイトから信頼できる会社だということが伝わってきた

と、こんな理由だったと記憶しています。

 

f:id:k-mutumi:20171215144110j:plain

そして到着したのがこれでした。

想像通りのクオリティに笑顔満開。

私の夢がかなった瞬間でした💛これにしてよかったです。

www.nakajo.co.jp

 

今年はNakajo's Christmas さんの2017年度「我が家のクリスマスツリー」という企画に参加してみました( *´艸`) 

2017年度我が家のクリスマスツリー 応募写真公開

皆さまそれぞれとても素敵なクリスマスツリーの写真を投稿されていて、見ているだけでほっこりします(#^^#)

 

ちなみに、我が家のは№024のkameです。

良かったら見てみてください💛

※ここに同じ写真を掲載していますが(*'▽')

 

クリスマスツリーは思い出のカタマリ

f:id:k-mutumi:20171215145004j:plainそんなこんなで購入したツリーも今年で約9年。

いまだ健在です。

目立った劣化もありません。

ありがたい事です<(_ _)>

 

f:id:k-mutumi:20171215151401j:plainただ、オーナメントはですね・・・

こんな風に撮影すると、一見無事そうに見えるのですが・・・

 

f:id:k-mutumi:20171215145748j:plain

実はところどころこんな風にほぼ破壊されてたり・・・

 

f:id:k-mutumi:20171215145907j:plain

真ん中だけをほじくり出されています( ゚Д゚)

 

f:id:k-mutumi:20171215150850j:plain

犯人は、4歳のこの子💛

かわいいい孫ちゃんです。

おとなしそうな顔しているのですが、ツワモノです(*'▽')

 

家の中の何かか壊れていると、だいたいこの子が絡んでます♪

でもまあ、まだ幼いので仕方ない。

可愛いお孫ちゃんのすることなので、許します。

この程度までなら・・・"(-""-)"

 

子どもの成長とクリスマスツリー

f:id:k-mutumi:20171215170108j:plain

 毎年クリスマスシーズンには、なにかしらこのツリーの前で撮影しています。

これは、ツリーを無事に出した記念カナ?

 

f:id:k-mutumi:20171215153521j:plain

これは、7年前の写真です。

上のお孫ちゃんの初めてのクリスマス記念。

生後半月くらいで、本当に小さい(*'▽') 

じいじとばあば(夫と私)で世界中の幸せを独り占めしたような、そんな幸せに包まれた写真です💛

 

 f:id:k-mutumi:20171215154330j:plain

これは、その翌年、クリスマスツリーを見つめる上のお孫ちゃんです。

ゲージに隔離されています。

クリスマスツリーが好きすぎて突進するので、危険がいっぱい。

なので仕方なくこんな風にしていました。

 

f:id:k-mutumi:20171215153852j:plain

これは、4年前、下のお孫ちゃんの初めてのクリスマスの写真です。

生後2か月ちょっとのころで、満面の笑顔のママと一緒の写真です。

 

写真が小さくて見えづらいのですが、下の方にはほとんどオーナメントがありません。

これは、上のお孫ちゃん対策。

このころまだ3歳だったお孫ちゃんは、オーナメントポイポイ投げる楽しみを覚えてしまいました。

触っている時にツリーが倒れてケガさせてはいけないと、苦肉の策でこんな風に飾った記憶があります。

 

f:id:k-mutumi:20171215154709j:plain

そして今年。

ちょっと前の家族のお誕生日会のワンシーンです。

クリスマスと家族のお誕生日が近いので、こんな写真がたくさん残っています。

クリスマスツリーが華やかさをプラスしてくれています♬

 

娘は年々母親らしくなり、赤ちゃんだったお孫ちゃん2人とも大きくなりました。

こうして子どもや孫の成長を見守れるのはホントに幸せな事だと思います。

 

ツリーを引き立ててくれているアイテム達💛

メインのツリーだけが目立つのはかえってアンバランスになるかもしれないという事に気づき、バランスをとりながら、毎年ちょっとずつ趣向を変えて、飾り付けを楽しんでいます。ここ9年間の取り組みをちょこっとご紹介しますね。

 

f:id:k-mutumi:20171215220945j:plain

その1つとして飾った、小ぶりな壁掛けツリーです。イトーヨーカドーで購入したお手頃なツリーなのですが、メインのツリーの近くに置いるせいか、相乗効果でとっても良い感じに見えます。

 

その横には、お孫ちゃんが保育園で作ったクリスマスリーズを飾りました。

 

f:id:k-mutumi:20171215221027j:plain

 クリスマス当日にはクリスマスカラーの生花を飾るのもステキです。

 

f:id:k-mutumi:20171215221137j:plain

これは数年前。本棚の上にいろんなオーナメントを集合させてみました。

 

f:id:k-mutumi:20171215221229j:plain

これは、キッチンカウンターの隅っこを使った年です。

 

f:id:k-mutumi:20171215221323j:plain

 今年は、こんな風にテレビ横に小さめのものを多めにおいてみました。中央はお孫ちゃんが粘土で作った手作りオーナメントです。

 

f:id:k-mutumi:20171215221431j:plain

その隣にはこの3人組💛お孫ちゃんチョイスです。

セリアさんで購入しました♬

 

f:id:k-mutumi:20171215221526j:plain

f:id:k-mutumi:20171215221826j:plain

f:id:k-mutumi:20171215221904j:plain

玄関もできる範囲で飾ってみました。

 

f:id:k-mutumi:20171215221742j:plain

リースは外せません。これは玄関。

 

f:id:k-mutumi:20171215222025j:plain

f:id:k-mutumi:20171215222046j:plain

子ども部屋。

 

f:id:k-mutumi:20171215222119j:plain

リビングへの扉。

 

我が家は狭いので、これくらい飾れば、クリスマスムードにしっかり浸れます(#^^#)

 

もうすぐクリスマス本番です。

皆様、素敵なクリスマスをお過ごしください。

 

最後までお読みいただき、感謝です。

ありがとうございました。

 

ばあばでした。

f:id:k-mutumi:20171215222736j:plain

【本当に買ってよかったもの】お孫ちゃんが好んで履くのが「アキレスの俊足」。これがあってくれて良かった(*'▽')

おみなさんこんにちは。今日は子供靴について書きたいと思います。

 

いつからだろう、多くの靴のサイズが1センチ刻みになってきたのは。大人は工夫すればいいけど、子供靴でコレはNGじゃないかな。

 

f:id:k-mutumi:20171211235744j:plain

 

某大手シューズショップに、お孫ちゃんの靴を買いに行きました。気に入ったデザインの靴を試着したところ、ちょっとだけキツそうだったので、0.5センチ大きめのサイズが欲しいと伝えたら、「この靴は1センチ刻みのお作りになっています」と言われました。

 

ここ数年、子供の靴を買いに行くと、店員さんからこんなリアクションが返って来る事が増えた&ワンサイズ大き目の靴を勧められることがあります。

 

合わない靴の弊害は、想像以上に大きいらしい

私はライターという職業を通して、いろんな情報に触れます。 たとえば足の歪みの原因の一つがサイズの合わない靴を履くことという現実について。なので、ワンサイズ大きめの靴を進められたり、中敷きで調整というテクニックを教えていただいた時には、丁重にお断りすることに決めています。特に、子供の通学靴ならここは譲れません。

 

f:id:k-mutumi:20171212000104j:plain

 

私たちは毎日の生活の中で歩きます。その歩数は個人差がありますが、小学生の場合は1日に平均1万歩以上歩くのだそうです。

 

www.seikatsusyukanbyo.com

第1節 発育|平成27年版子ども・若者白書(全体版) - 内閣府

 

この歩数は、登下校時の歩数割合がほとんどで、それ以外では、工程や遊具で遊ぶ・移動・体育の授業・休日の遊びの時間などなど。実に多くのシーンで靴を履いて生活します。ごく当たり前なのですが。

 

その間、ずっと合わない靴で生活するのは、きっと大人でも歩きにくさを感じると思うのですが、そんな時に私たちの足に起きているのはコレなのです。

 

履く靴のサイスが大きいと、靴の中で足が動いて歩きにくい。それを解消するために、無意識に足の指を大きく広げる・足の指を上にそらすなど、靴が脱げないように足の指で器用に調整しています。

 

そうすれば、少々大きい靴を履いたとしても、歩き、動くことはできるのです。しかし、コレは別の問題を生む原因になっています。

 

f:id:k-mutumi:20171212000431j:plain

 

「浮き指」が足の歪みを招く

 

浮き指とは、足の指が地面につかず浮いた状態で歩く事。浮き指になっても、ほとんどの場合は気づかないのだとか。

 

正しい歩き方とは、足の裏全体を地面につけて歩く事なのですが、浮き指の状態で長期間歩くと、不安定な状態を強いられます。それをサポートするために足の筋肉がいびつな状態になり、O脚・下半身太り・足を引きずって歩く「すり足」などを招くのだそうです。そして、これらは将来的に慢性頭痛・めまい・肩こり・血行不良などなど、多くの健康問題に発展するほど深刻な問題なのだそうです。

f:id:k-mutumi:20171212000629j:plain

 

X脚、O脚の子を救う 歩き方&立ち方 | 雑誌『プレジデントファミリー』の公式サイト(プレジデント社)

 

だから、ホントはすぐにでも解決しないといけません。ですが、足の歪みは、ほとんどの場合痛みを伴わないので、はなかなか気づかないのです。

 

運よく気づくタイミングがあるとすれば、ゆがみから別の問題が生じ、生活に何らかの問題が生じたタイミングなのだどか。

 

だとえば、O脚の子どもが腰痛を訴えたために病院に行き、医師によって浮き指を指摘されたたとか、足を引きずって歩くクセのある子供が、そのクセが引き金となる大きなケガをした。それがきっかけで歩き方教室に通ったら、足の歪みを指摘されたなど。

 

f:id:k-mutumi:20171212000841p:plain

 

そんな感じで、問題が拡大した時にやっと気づくのだそうです。そこで気づいて矯正できるのはラッキーなケースで、そのまま気づかないでやり過ごされるケースの方が圧倒的に多いのだとか。

 

もちろん、脚にゆがみを持つ子供のすべてに健康問題が生じるわけではないのですが、「そうなってみないとわからない」というギャンブル的な状況は生まないに越したことはありません。

 

この事からいえるのは、「子どもにとって歩きやすい靴を履かせてあげることは想像以上に大切」だという事です。少なくとも、サイズの大きな靴を普段履きにするのはNG。

 

とはいえ、どうしてオシャレな靴が履きたい!なんてこともありますよね。ですから、オシャレ目的で履く靴と、普段の生活で履く靴は分けて考えましょう。

 

子どもの足のカタチは10歳までには決まると言われています。できる限り早めに子供の靴のフィット感・歩きやすさについてチェックしてあげましょう。

 

f:id:k-mutumi:20171212001127j:plain

おススメするのはやっぱりアキレスの俊足でした

 これまで、子どもや孫には多くの靴を選んできました。その長年の経験から一番おススメできる靴として、アキレスの俊足シリーズをおススメします。

ばあば目線でおススメする理由は・・・

f:id:k-mutumi:20171212001254j:plain

・0.5センチ刻みのサイズ設定になっている

・子どもの足の成長をサポートするいろんな機能が備わっている

・デザインが豊富

・取り扱い店舗が多く、入手しやすい

・価格が比較的安価

・値段の割に丈夫にできていてコスパが良い

・足にトラブルが起こりにくい(靴擦れ・痛みを訴えるなど)

・子供が好んで履きたがる(我が家)


www.syunsoku.jp

 

 

デザインは残念に感じる人もいるのかも。

それはただ1点、デザイン性ではオシャレなスニーカーには勝てないかもしれません。私個人としては、オシャレよりも機能性と思っていますので、我が家的にはデザインがイマイチでも全然問題なしです。

 

何より、小学校一年生の孫が「これが一番歩きやすいから好き💛」と言って、オシャレな靴を差し置いて履きたがるのが俊足なので、これが俊足をおススメする最大の理由です。凄いです、俊足(*'▽')

 

我が家のお孫ちゃんのお気に入りの俊足です(*'▽')購入して約半年が経過していますので、ちょっとくたびれて見えますが、まだまだ履けそうです。

 

左上に別ブランドの靴が映りこんでいます。これはデザイン性はお気に入り。でも歩きにくくて残念に感じているのだそうです。

 

f:id:k-mutumi:20171211231301j:plain

 

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%82%AF-%E3%83%AC%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%A4-RS2-5-LEJ-3590/dp/B01MXOVQNP/ref=sr_1_25?ie=UTF8&qid=1512998841&sr=8-25&keywords=%E4%BF%8A%E8%B6%B3&th=1

 

オシャレな靴は、休日専用で取り入れよう。

そんな孫娘ですが、そこは女の子。休日にオシャレなワンピースなどを着た日には足元のファッションにもこだわりを見せます。

 

今はキラキラ光るスニーカーが一番のお気に入り。サイズはジャストを購入しているのですが、歩きにくいのだとか。でもお出かけの時には頑張って履いています。

 

f:id:k-mutumi:20171212001530j:plain

安全・健康・コスパ優先ならば、アキレスの俊足がおススメです!

そんなわけで、今回は私の独断と偏見で通学靴ナンバーワンはアキレス社の俊足としてご紹介しました。

 

オシャレよりも、子どもの歩きやすさ・安全・健康が一番。そして親にとってはコスパも大切。ならば、それらを全部解消してくれる、アキレス社製の俊足を自信をもっておススメします。

 

これからも、子供が「嫌だ、履かない」というその日がくるまでは、このアキレス社の俊足にお世話になります。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

ばあばでした。