読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【歩行器は慎重に】よく転ぶおまごちゃん。原因は歩き始めの歩行器かも知れない。

上のお孫ちゃん、よく転びます。

 

何にもない場所でも、ちょっとした段差でも。

 

 今朝も私の目の前で、転んでいました。

 

それを見ていて、いつも心が痛みます。

 

お孫ちゃんが転ぶのは

 

私が勧めた歩行器のせいかもしれないのです。

 

 歩行器を始めたのは7か月ごろ

 

上のお孫ちゃんが7月の頃、ママと一緒に歩行器の購入を検討。

 

良くわからないと言っている娘に

 

なんの迷いもなく歩行器を勧めたのはワタシ(-_-;)

 

ネットでメーカーサイトを訪れ、あれこれ情報収集。

 

7か月ごろから使用OKとなっていたので

 

早速購入&使い始めました。 

 

お孫ちゃんは大喜び。

 

歩けるのが楽しいのでしょう。

 

歩行器大好きになり、

 

これに乗せるとご機嫌でした。

 

f:id:k-mutumi:20170421090040j:plain

 

歩く楽しさを覚えたせいか、

 

歩行器に乗せていなくても、

 

すぐに伝い歩きを始めました。 

 

はいはい期間が長い方が良いのになんて思いながらも

 

お孫ちゃんが歩く姿を見て、「凄いね、早いね」なんて

 

喜んでいました。

 

が、実はこれ、大問題だったのです。

 

歩くのが早すぎるね!と医師からの指導

 

ちょうどその月に

 

病院での健康診断があり、

 

医師から「歩くのが早すぎるね!」

 

と、ちょっと厳しめの口調で指摘を受けました。

 

先生の雰囲気がいつもとちょっと違うぞと察し

 

「そうなんです。歩行器に乗せているのですが・・・」

 

と、その雰囲気にビビり気味で答えるワタシ(~_~;)

 

「あ~、止めた方がいいね」

 

と、あっさり中止勧告&こんな感じの説明を受けました。

 

 

「子供の成長には段階があり、首が座って、寝返りを打つようになって、ハイハイができるようになって、徐々に立ち、伝い歩きが始まる。

 

なので、歩行器を使わなくても、コドモはいずれ歩くようになる。

  

もちろんこれには、性格・体力や体格など同じで、早い遅いの違いがあるのも当然のこと。

 

それを道具を使ってまで早める必要はない。個々の速度でいいのです。

 

ムリに早めてしまったら、足腰を中心に、カラダに負担がかかったり、将来こけやすくなったりする。

 

なので、出来るだけ歩かさないでね( 一一)」

 

と、この一言で〆られました。

 

センセイアリガトウ。

 

気付かなかった私が悪い(-_-メ)

 

言われてみればその通り。

 

でも、言われるまで気づきませんでした。

 

私たちの子育て時代には

 

歩行器が当然のように存在し

 

歩行訓練に歩行器を使う事を当然だと思っていました。

 

しかし、時代は変わり

 

その歩行器による弊害が指摘される時代に変わっていたのですね。

 

ぜんぜん気づきませんでした。

 

イヤ、冷静に考えれば、

 

私たちの頃から、私が知らなかっただけで

 

歩行器の必要性に疑問を持っていた人は

 

少なからずいらしたのでしょう。

 

時すでに遅し

 

この日以来猛省し、歩行器の使用は中止。

 

おもちゃ部分を取り外して遊ばせました。

 

f:id:k-mutumi:20170421092921j:plain

 

 

しかし、歩きたがるお孫ちゃんを止める事はできず

 

歩行器を止めたら、

 

今度は自力で伝い歩きをしていました。

 

苦肉の策は失敗

 

出来るだけ歩かさないでね( 一一)

 

この、医師の言葉を思い出しながら

 

歩こうとするお孫ちゃんを

 

何とか止めようと、

 

はいはいごっこに誘ったり

 

おひざに乗せてみたりと

 

アレコレ工夫しましたがぜんぜんダメ。

 

気付けば伝い歩きをしているお孫ちゃん。

 

こうなると止める事は難しい。 

 

次に気になるのが転倒&ケガです。

 

苦肉の策で、家具の緩衝剤&ベビーゲージで対策を行いました。

 

f:id:k-mutumi:20170421102933j:plain

 

www.amazon.co.jp

  

すると、状況は更に悪化。

 

ベビーゲージの中でお孫ちゃん

 

実に楽しそうにぐるぐる歩き回っています。

 

これはマズイとなり、ゲージを更に追加購入。

 

Amazon CAPTCHA

 

Amazon CAPTCHA

 

3セット、全部で10枚のパネルを全部つなげて

 

広いスペースを作って、大人が一緒に中に入り

 

おもちゃもゲージの中にたくさん入れて

 

一緒に遊ぶ事にしました。

 

そして、歩いたら止める、又歩くので止める

 

この繰り返しの日々が数カ月続きました。

 

解禁の頃には・・・ 

 

そうしてお誕生の時期を迎え

 

歩行訓練も無事解禁となりました。

 

とはいえ、どんなに止めても歩いていたので、

 

この頃には、かなり上手に歩けるようになっていて

 

歩行訓練は終了していましたが、、、(ーー゛)

 

下のお孫ちゃんは

 

そんな出来事があったので、

 

下のお孫ちゃんには歩行器は使いませんでした。

 

そのせいかどうかはわかりませんが

 

歩行開始は平均的な1歳を過ぎた頃から始まり

 

その半年後にはとっても上手に歩いていました。

 

f:id:k-mutumi:20170421114356j:plain

 

 

そして、3歳を超えた今

 

歩くのも走るのもとっても上手です。

 

 

もちろん、個人差の範疇かもしれませんし

 

先入観が働いているのかもしれません。

 

ただ、少なくとも、上のお孫ちゃんみたいに

 

何でなにもないところでこけるの?と

 

そんな事はあまりないカナと感じています。

 

大切な事は後から気が付くものですね。

 

その後、すくすく育った上のお孫ちゃん

 

今や小学生ですが、いまだにとっても転びやすい。

 

もちろん、「絶対に歩行器が悪かった」とは言えません。

 

しかし、使う必要はなかったと反省した事は確かです。

 

なにかと便利な世の中ですが、

 

ほんの少しの想像力を発揮して

 

その便利さの裏に潜んでいる「問題の可能性」に

 

気付ける自分でありたいと思いました。

 

そして、これからどんな風に

 

上のお孫ちゃんの「転びやすい問題」に向き合っていくのか

 

考えたいと思います。

 

参考までに

ネットでみつけた記事ですが、情報ソースがしっかりしている物でしたので、リンクしておきます。

 

ご参考になれば幸いです。

 

参考元:栗東よしおか小児科の院長ブログ

yoshi830.hatenablog.com

 

参考元:一般社団法人 日本母親支援協会

rakux2ikuji.net

 

おしまい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インフルエンザの家庭内感染を防いだ我が家のルール

人生初のインフルエンザ

 

生命の危機を感じたインフルエンザB型。

 

季節外れだとばかり思っていたら、

 

ドクター曰く、「B型は毎年4月~5月にもそこそこ患者さんいるんだわ」との事でした。

 

だから保育園でも流行ってたのですね。

 

知らなかった(#^.^#)

 

やっと体調も何とか戻り、昨日から仕事復帰しています。

 

とはいえ、まだ咳が酷くて息をするのも辛いです。

 

それを完治させるための薬を飲んでいるのですが、

 

これがまぁ、半端ない睡魔に襲われるわけです。

 

コーヒー飲むとカラダが冷えて治りが悪くなるので、

 

筋トレしながら必死に目を覚まして

 

仕事しています。

 

人生初、いや、大人になって初めてのインフルエンザは

 

まだいろんな意味で私を悩ませています。

 

しかし、経験して良かった。

 

かかったからこそ分かる事もたくさんありました。

 

今後、家族の看病に生かせると思いますので(*^^)v

 

今回は油断していたので

 

私は感染してしまったのですが、

 

夫と娘には感染することなく

 

何とかやり過ごす事ができました。

 

普段から実践している

 

我が家のルールが功を奏したのだと思いますので

 

ご紹介したいと思います。

 

 

準備するもの

・マスク→出来るだけスキマなく装着できるタイプが良いです。

・ハンカチ→家庭内で使います。

・メガネかゴーグル

ウイルスブロックスプレー

・ハンドソープ→除菌タイプ

・食器洗剤→除菌タイプ

・除菌スプレー

ジップロック

 

家庭内での感染拡大を阻止した方法

 

我が家では、誰かが風邪やインフルエンザなどの感染症にかかった場合、こんな取り組みを実践しています。

 

①タオル類は全て撤去して、各々自分専用のタオルかハンカチを使用する事。

※↓↓↓これが活躍します。

f:id:k-mutumi:20170328234228j:plain

 

②大人は全員マスク&可能ならばメガネを着用する。

※我が家のホームドクター曰く、口:鼻:目の感染率は4:3:3くらいでほぼ同数なのだそうです。家庭内ではゴーグルやメガネが有効だと教えて頂き実践しています。

③ウイルスブロックスプレーを併用する事。

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%95%E3%83%9E%E3%82%AD%E3%83%A9%E3%83%BC-%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%88-%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B9-%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%81%A7%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF-160%E5%9B%9E%E5%88%86/dp/B00F3PU9O4/ref=sr_1_1?s=hpc&ie=UTF8&qid=1492135592&sr=1-1&keywords=%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC

 

 ④罹患している人の洗濯物などを扱う時には要注意→

マスク・メガネの着用&さわった後は必ずハンドソープを使用して手を洗う。

※除菌タイプを活用しています。

 

⑤使用した食器類は、軽く水で流して、シンク内の洗剤液につける事。※除菌タイプの洗剤を使用しています。

 

⑥便座を使用した後は、スプレーで消毒する事。

www.amazon.co.jp

⑦食事のタイミングをずらす。

 

⑧マスクを外す時には、除菌スプレーを吹き付けて、自分専用のジップロックに入れる。捨てる時にはジップロックごと蓋付きのごみ箱に捨てるか、外のごみ箱に直接捨てる。

 

⑨鼻水や痰などは、トイレに流すか、外のごみ箱に捨てる。

 

最初、家族には少し大げさだとか言われたのですが、小さな子供がいる事・上のお孫ちゃんが風邪の症状がとても強く出るタイプの子だという事を説明して、我が家のルールとして浸透させました。

 

保育園や学校に行っていると、外での生活では防ぎようがないのですが、せめて家庭内での感染を防ぐ事ができればと思い実践しました。

 

実際は、上のお孫ちゃんが感染源となる事が多いのですので、このルールで守られているのは、大人カナ?という印象です。

 

大人も仕事や病気の子供の看病など、出来る限り感染を防ぐべきなので、それはそれでメリットは大きいです。

 

普段の生活の中でのちょっとした工夫ですが、取り入れて感染拡大を防いでみてください。

 

おしまい。

本当に死ぬかと思ったハナシ。

久々のブログです。

 

インフルエンザからやっと復活しました。

 

人生初、いや、大人になって初めてのインフルエンザでした。

 

もう、本当に死ぬかと思った。

 

辛いとは聞いていましたが・・・命を落とす人がいるって、知っていましたが、本当の意味で理解できた感じがします。

 

それほど辛かった。

 

初日は発熱で意識モウロウ。

 

f:id:k-mutumi:20170412155633j:plain

 

2日目はカラダ中がいたくてパジャマの摩擦すら辛い&関節も筋肉もこわばってトイレがやっと。夫に抱えらえて病院へ行きました。

 

f:id:k-mutumi:20170412155913p:plain

3日目には、眠れないほどの胃腸の痛みと吐き気でカラダががくがく震えてました。

 

f:id:k-mutumi:20170412160149j:plain

4日目にはやっと熱がちょっとだけ下がっりましたが、カラダはふわふわするし、頭の中はぼーっとして思考が停止している。

 

ここまで殆ど食事がのどを通りませんでしたので、

 

1日3回のメイバランス&ジュースでしのぎました。

www.meiji.co.jp

 

jccu.coop

 

5日目には、なんとかやっと起きて生活できるようになりました。

 

食欲は少しはあるのですが、おかゆをちょっと食べても

 

胃腸にしみるような痛みを感じ、

 

ちょっとずつしか食べれません。

 

何度にも分けて食事を摂りました。

 

栄養分は全然足りないので

 

メイバランスで補給。

 

これ、ホントよくできてる。

 

ゆっくりいただけば

 

痛みも吐き気も感じない、

 

おまけに美味しいからGOODです。

 

※残念ながら、子供には与えられません。

 

6日目に、やっと普通のごはんをいただきました。

 

長い間ご飯を食べていないので

 

たくさんは食べれない。

 

むすめの作ったシチューとご飯を少しずつ。

 

美味しかったです(#^.^#)

 

食べなきゃ元気になれないから、

 

徐々に食べる量を増やして

 

はやく普通の生活しなきゃ。

 

 普段から、あまりカラダは丈夫ではないので

 

体調不良には慣れているワタシですが

 

インフルエンザの辛さは想像以上でした。

 

お陰で、一年中でもっとも好きな「桜の咲く季節」を

 

布団の中で過ごしてしまいました。

 

くっそ(ーー゛)

 

しかし、ありがたい事に回復しましたので、

 

本日より仕事に復帰です。

 

約1週間休んでしまいましたので

 

遅れを取り戻さなければいけません。

 

がんばんなきゃ。

 

おしまい。

これは多分インフルエンザだな、うん。

お孫ちゃんがインフルエンザB型にかかっています。

 

どうやら、もらってしまったみたいです、私。

 

マスクして・ウイルスブロックして

 

Amazon.co.jp: アレルシャット ウイルス イオンでブロック 160回分: ドラッグストア

 

タオルの共有はNGにして

 

対策していたのですが・・・

 

きっと、時すでに遅したっだのでしょう。

 

せっかくなので、どんな症状がでるのか

 

ご紹介しますのでご参考になさってくださいね♬

 

個人差はあると思いますが・・・^_^

 

  • 歩いただけでも胃が痛い
  • 腸がはった感じがする
  • カラダの関節と筋肉が痛い
  • 頭がぼーっとする
  • 咳が激しく出始めた
  • 呼吸すると肺が痛む
  • 洋服があたっただけで、皮膚がヤケドの時に似た痛みを感じる

※私は基礎疾患があるので、風邪などの症状は強めに出る方です。

 

ざっとそんな感じです。

 

この季節にインフル?と驚きますが

 

実は今保育園あたりでは

 

インフルBが地味に流行っているのだそうです。

 

って事で我が家でも猛威を振るいそうな予感。

 

まだ、下のお孫ちゃんが辛そうなので

 

私がかかっている場合ではないのですが

 

なったのならば仕方ないので

 

早く治す努力をしよう。

 

そのためには、先ずは睡眠中の成長ホルモンを活用せねば。

 

今日は早く寝よ(#^.^#)

 

おしまい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもの熱性けいれん、予備知識で助かったハナシ。

熱性けいれんの3つのステップ

 

①まずは、周囲の大人が落ち着くこと。

 

②最初の3分間は見守る。

※ただし呼吸の確保は大切ですので、おう吐などを伴う場合には、カラダを横に向けて吐きやすくする事。

※けいれんしている子供にやたらに声をかけたり、ゆすったり等の外部からの刺激を与えない事。

 

③3分経過しても痙攣が治まらない・意識が戻らない場合には、直ちに救急車を呼び医療機関へ行く事。

 

朝から39度台のお熱を出していた3歳のお孫ちゃんが

 

数時間前に熱性けいれんを起こしました。

 

人生50年で初めての経験でしたので、内心はすごく焦っていましたが、この3つの知識を持っていたので、冷静に対処できました。

 

つくづく、情報はありがたいと痛感。

 

そこで、この経験を書きとめる事にしました。

 

とはいえ、具体的な対処方法などは専門家の方の情報が一番ですので、私は書きません。

 

なので、リンク参照で↓↓↓

 

リンク元熱性けいれんが起きたときの対処法

 

ここには、今日の私の経験談として記しておきたいと思います。

 

記憶が鮮明なうちに。

 

熱性けいれんの始まりは突然です。

 

朝から珍しく高熱を出していた3歳のお孫ちゃん。

 

普段元気で健康体。

 

少々の風邪ではびくともしないのですが

 

今回はインフルエンザB型。

 

さすがのお孫ちゃんも少々ぐったり気味でした。

 

しかし、朝食も食べ

 

普通に遊んだり、テレビみて感想を言ったりしていた。

 

しかし、その時は突然やってきました。

 

バタンと音が・・・

数秒前ちらっと見た時のお孫ちゃんは

 

座ってテレビを見ながら笑っていました。

 

しかし、直後にバタンと言う音が。

 

音の方向を見ると

 

お孫ちゃんが仰向けに倒れています。

 

時々こんなふざけ方をするので

 

一瞬それなのかな?と思ったのですが、

 

目つきが変だと気づき

 

あわててお孫ちゃんを抱き起しました。

 

これは熱性けいれんだ!

 

直感的に感じました。

 

その理由は、抱き上げたお孫ちゃんの様子。

 

呼吸はしているが、歯と歯ががちがちぶつかる・カラダ全体がけいれんしている・足首から先が硬直している・1方向を見ているが、目の焦点が合っていない。

 

そんな状態でした。

 

しかし、はじめての経験だったので判断に自信がなく、

 

また、自分の持っている情報が古くても問題だと思い、

 

すぐに調査開始。

 

「私はすぐに調べるから、ママはお孫ちゃんの様子を見るように。ジイジは時間を計って。3分経過したら教えて」

 

と家族に伝え、私はPCで情報検索。

 

とはいえ、こんな時には正確な情報が必要なので

 

”小児科 熱性けいれん”

 

で検索し、ヒットした医師監修の情報をチェック。

 

その時の情報がコレ↓↓↓

 

参考元:熱性けいれんを起こしたら。知っておきたい対処法

www.ishamachi.com

 

ここで

  • 元々の情報に間違いがないこと
  • 今の対処の一部の間違い
  • これからの対処について

確認できました。

 

「今の対処の間違い」とは、抱っこしていた事と

 

子どもに呼びかけていた事。

 

すぐに平坦な場所=布団の上に移動させ

 

呼びかける事を止め、静かに経過観察です。

 

「これからの対処について」は、改善が見られなかったらすぐに救急車を呼ぶ、改善が見られたとしても、念のため自宅近くのホームドクターに見て頂くと決め経過観察。

 

そうこうしていると、ジイジの3分経過したとの声。

 

という事はけいれんが始まって約4~5分が経過した事になります。

 

この段階でのお孫ちゃんは、熱は40.6度・けいれんは完全には治まっていない様子でした。意識は未だもうろうとしている感じですが、やや回復しているようにも見えました。(家族の顔を不思議そうに見ている=表情が戻った、名前を呼ぶとお返事してくれる事などで判断しました)

 

その後、すぐにホームドクターに電話で状況報告を行ったところ、すぐに来るようにとの指示でした。

 

幸いなことに、ホームドクターまで5分未満の距離ですので、病院へ直行。

 

診察していただき、やはり「熱性けいれん」だった事、投薬治療で状態は徐々に改善し、もう心配ないと言っていただきました。

 

この熱性けいれんは、殆どの場合は問題なしで解決するらしいのですが、一部のケースでは例外も。

 

「病院へ連絡・受診は正しい判断でした」とおっしゃっていただきました。

 

 まとめ

 

私は普段から、「冷静すぎて冷たい人」

 

そう言われてしまう性格なのですが、

 

熱性けいれんの症状の強さには

 

正直恐怖すら感じ

 

焦ってしまいました。

 

しかし、予備知識があった事で

 

すぐに自分を立て直す事ができました。

 

子どもの病気はたくさんありますが

 

出来る限り対処できるように

 

予備知識をつけておくことの大切さを

 

痛感した出来事でした。

 

この経験と、お伝えした情報が、

 

ちいさいお子さんがおられる方の参考になれば幸いです。

 

 

おしまい。

トイレのフタをして流さないと怖い事が起こるおハナシ(-_-;)

※この話はちょっとダーティです<(_ _)>

 

f:id:k-mutumi:20170404110711j:plain

 

プーのスプラッシュ

 

トイレを流す時、フタはする派?しない派ですか?

 

私はする派です。

 

理由は、「プーのスプラッシュ」が怖いから。

 

「プーのスプラッシュ」とは・・・

 

ちょっと、日本語では書けません(~_~;)

 

 f:id:k-mutumi:20170404110456p:plain

 

子どもの背丈

 

お孫ちゃんが生まれて、トイレに連れて行くようになって

 

「トイレのふたは確実にする派」にまで進化した私。

 

なにせ、小さな子供はお顔の高さがトイレの高さに近いでしょ。

 

もし、フタをしなかったら、

 

小さい子供だったら、

 

想像する事もはばかられる

 

恐怖な状況です。

 

 余計にね、気を付けてあげたいですよね。

 

はばかられる事とは・・・

 

つまりは、こういう事です。

 

トイレを済ませます。

 

↓↓↓

 

必要に応じて拭きます。

 

↓↓↓

 

流します。

 

↓↓↓

 

スプラッシュ!!

 

f:id:k-mutumi:20170404110456p:plain

 

ってことです。

 

この情報ソースは・・・

 

忘れました(*^_^*)

 

テレビの情報番組か、ニュースか・・・

 

メディアの種類は忘れましたが、

 

食中毒の原因云々、そんな内容だったかな?

 

その中で、トイレのフタには、

 

プーのスプラッシュを防ぐ役割があり

 

もし、フタをしなかったら

 

トイレ中に見えないプーのスプラッシュが・・・(@_@)

 

そして、スプラッシュはプーだけではなく、

 

大腸菌などのバイキンさんうようよみたいな。

 

そんな話を聞いて「キャー」と心の中でシャウトしました。

 

f:id:k-mutumi:20170404112639j:plain

 

以来、絶対にフタをしてから流す派になりました。

 

むすめは知らなかった

 

むすめはこの事知らなかったみたいです。

 

むすめにこの「プーのスプラッシュ」の話をしたら

 

ドン引き&こわいこわい~と、これまたシャウトしてました。

 

f:id:k-mutumi:20170404112639j:plain

 

ご存知ない方には、是非とも気を付けて頂きたく、

 

プーのスプラッシュについて

 

ここに記す事にしました。 

 

プーのスプラッシュというのは物理的にも

 

バイキンさんうようよは衛生的にもNGです。

 

小さなお子様のいるご家庭はもちろんですが、

 

その他のみなさまも、

 

トイレのふたは閉めてから流しましょう。

 

おしまい。

 

f:id:k-mutumi:20170404112928j:plain

 

宿題

 

 ふたのないタイプのトイレは

 

スプラッシュの心配ないのカナ?

 

調べてみなきゃね。

 

f:id:k-mutumi:20170404113051j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何て良い朝だろうかと思いながら歩いた話し♬

この春から、お孫ちゃんが小学校に入学します。

 

入学式はもう少し先なのですが、

 

今日から入学式までの間は

 

毎日学童教室へ登校です。

 

その間は、毎日歩く練習かねて保護者同伴で登校です。

 

その大役を仰せつかったのが私(*^^)v

 

光栄です!!

 

という事で、今朝早速一緒に学校まで歩いてきました。

 

朝から緊張気味だったお孫ちゃん。

 

きっと、とっても不安なのでしょう。

 

学校までそう遠くない距離なのですが

 

途中何度も止まっては

 

「お腹が痛い」とか

 

普段は暑がりなのに

 

「寒い」訴えてきていました。

 

手を触って欲しいというのでさわってみると

 

とっても冷たい。

 

もう、緊張してがちがちなのでしょう。

 

「ゆっくり行こうね」と促す私。

 

そうこうしていると、小学校に到着です。

 

すると、同じ保育園だった女の子が声をかけてくれて

 

途端にお孫ちゃんは元気を取り戻しました。

 

ありがたい事です。

 

お腹も治ったのか

 

元気いっぱい、初めての校庭を走り回っていました。

 

こうして、新しい一歩を踏み出す瞬間に立ち会えることは

 

本当に幸せな事だな、と感じながら

 

帰路に着きました。

 

おしまい