本当に買ってよかったもの/ホンモノと見間違えるクオリティのNakajo's Christmasさんのクリスマスツリー

Nakajo's Christmasさんのクリスマスツリー、購入の決め手・買って良かった事・残念だった事などなど。

f:id:k-mutumi:20171217142446j:plain

幼いころからの夢、ずっと欲しかったのは大きくてホンモノみたいなクリスマスツリー。約9年前にやっと購入したのがNakajo's Christmasさんのクリスマスツリーです。

 

購入の決め手・買ってよかったこと・悪かったことなどなどをご紹介します。

Nakajo's Christmasさんのクリスマスツリー購入の決め手

まずは、購入の決め手についてご紹介します。

  • 実店舗+ネットで相当数見て回った中で、一番ホンモノに近いと思えた。
  • 商品・会社に対するネットの口コミがすこぶる良かった
  • 長年使用しているという口コミがあったから
  • 実際に使用している人の画像が多数紹介されていて、素敵だなと思えた
  • 商品購入に必要な情報のほとんどはオフィシャルサイトに掲載されていた
  • Nakajo's Christmasさんへの問い合わせに対する対応が丁寧・親切・迅速だった
  • 予算内でツリーもオーナメントも購入可能だった

こうなると、買わない理由が見当たりません。もともと購入前提でのリサーチでしたので、さほど迷うこともなく購入を決めました。

 

www.nakajo.co.jp

 

買ってよかった事

  • 今年で9年目(多分)ですが、目立った劣化は感じない
  • 家族全員気に入ってくれている
  • 時々ホンモノと間違われる
  • 自分も買いたいのでどこで買ったか教えてほしい!と言われたことがある
  • コスパの良さに驚かれることがある
  • 丈夫で長持ちなので、一生ものになるかもしれないと期待している
  • ツリーを通して家族の思い出が刻まれている

これらの理由から、本当に買ってよかったと思っています。

 

長年愛用されている方々の口コミ

「我が家のクリスマスツリー」応募写真より

10年以上愛用しているアルムスレンダーです。今年はいつもと趣向を変えて、ポップな感じにしてみました。

 

今年で10年目くらいのフェアリーフォレストツリー。
4人の我が子たちと、家庭文庫の子ども達と、楽しんでます。
今年はコットンボールのオーナメントを沢山作りました。
刺繍糸のも良いですが、ライトを付けた時はモヘアの毛糸で作ったものが素敵でした。

 

アニメ・トムとジェリーに出てくるクリスマスシーンの大きくて色々な飾りのついたツリーは私自身の小さな頃からの憧れでした。
中城さんの大きなツリーを飾る様になって七回目のクリスマス。
憧れのツリーに近づけたらな…と思いつつ今年も小さな我が子達と飾り付けました。
11月初旬から約二ヶ月近くツリーを楽しめるこの時期が何よりも大好きです。

 

残念だった事は特にない。けど、慎重さは必要

残念だったことは特にありません。でも、購入時や使用中に注意した方がいいかなと思うことはありましたので、ここでご紹介します。

  • 小さな子供がいる家なら、ツリーの転倒や、枝先でのケガなどには注意が必要
  • 大きくて重さもあるので、安全に収納できる場所の確保が必要

9年間使用して感じた事はこれら2つでした。

 

特に孫がまだ1~3歳の時には「孫の上に倒れたらケガするから大変だ!」とか、「枝先が目に刺ささらないように」と、それなりに対策をしました。とり越し苦労だったのカナ?幸いなことにそういったトラブルもなく、孫もある程度聞き分けのできる4歳となりましたので一安心です。

 

置き場所は何とか確保できたので我が家的にはOKだったのですが、収納に不安があるならば、これも事前に考えておく必要があります。

 

という事で、注意点として書いておきますね。これから購入を検討されている方はご参考になさってください<(_ _)>

 

私にとってクリスマスツリーは夢と思い出のカタマリなのです。

クリスマスまであと約10日となりました。

f:id:k-mutumi:20171215134804j:plain

毎年クリスマスツリーを出す度に、過去のいろんな思い出を回想します。

 

大きなクリスマスツリーが夢でした。

f:id:k-mutumi:20171213103652j:plain

これは我が家のクリスマスツリーです。

これは私の昔からの夢。

幼いころから「本物に見えるくらい精巧で、ちょっと大きめのクリスマスツリー」が欲しいと思っていて、いろんな条件がクリアされた9年前にやっと実現しました。ですが、これを買うまでは結構大変だったのを記憶しています。

 

というのも、いざ購入するとなると、案外希望通りのものには出会えず、実店舗とネットであれこれ探しまわりました。

 

幼いころからの夢だったので、妥協はしたくない。

でも、予算を守るのも大切ですのでそこも譲れない( *´艸`)

 

そんな時、ネットで出会えたのが、Nakajo's Christmasさんのツリーでした。

 

www.nakajo.co.jp

 

見た途端「これだ!」と思い一瞬の躊躇の末に注文しました。

 

このNakajo's Christmas さん(中城産業株式会社さん)は

兵庫県姫路市にあり、行こうと思えば行ける距離にありました。

ですので、一瞬、「実物を見に行こうか?」とも考えたのですが、

思い直してすぐに注文しました。

 

その一番の理由は、口コミ評判がすこぶる良かったから。

そして、

  • 予算内で購入できる
  • 見た目が綺麗だった
  • HPサイトに購入に必要な情報が網羅されていた
  • HPサイトから信頼できる会社だということが伝わってきた

と、こんな理由だったと記憶しています。

 

f:id:k-mutumi:20171215144110j:plain

そして到着したのがこれでした。

想像通りのクオリティに笑顔満開。

私の夢がかなった瞬間でした💛これにしてよかったです。

www.nakajo.co.jp

 

今年はNakajo's Christmas さんの2017年度「我が家のクリスマスツリー」という企画に参加してみました( *´艸`) 

2017年度我が家のクリスマスツリー 応募写真公開

皆さまそれぞれとても素敵なクリスマスツリーの写真を投稿されていて、見ているだけでほっこりします(#^^#)

 

ちなみに、我が家のは№024のkameです。

良かったら見てみてください💛

※ここに同じ写真を掲載していますが(*'▽')

 

クリスマスツリーは思い出のカタマリ

f:id:k-mutumi:20171215145004j:plainそんなこんなで購入したツリーも今年で約9年。

いまだ健在です。

目立った劣化もありません。

ありがたい事です<(_ _)>

 

f:id:k-mutumi:20171215151401j:plainただ、オーナメントはですね・・・

こんな風に撮影すると、一見無事そうに見えるのですが・・・

 

f:id:k-mutumi:20171215145748j:plain

実はところどころこんな風にほぼ破壊されてたり・・・

 

f:id:k-mutumi:20171215145907j:plain

真ん中だけをほじくり出されています( ゚Д゚)

 

f:id:k-mutumi:20171215150850j:plain

犯人は、4歳のこの子💛

かわいいい孫ちゃんです。

おとなしそうな顔しているのですが、ツワモノです(*'▽')

 

家の中の何かか壊れていると、だいたいこの子が絡んでます♪

でもまあ、まだ幼いので仕方ない。

可愛いお孫ちゃんのすることなので、許します。

この程度までなら・・・"(-""-)"

 

子どもの成長とクリスマスツリー

f:id:k-mutumi:20171215170108j:plain

 毎年クリスマスシーズンには、なにかしらこのツリーの前で撮影しています。

これは、ツリーを無事に出した記念カナ?

 

f:id:k-mutumi:20171215153521j:plain

これは、7年前の写真です。

上のお孫ちゃんの初めてのクリスマス記念。

生後半月くらいで、本当に小さい(*'▽') 

じいじとばあば(夫と私)で世界中の幸せを独り占めしたような、そんな幸せに包まれた写真です💛

 

 f:id:k-mutumi:20171215154330j:plain

これは、その翌年、クリスマスツリーを見つめる上のお孫ちゃんです。

ゲージに隔離されています。

クリスマスツリーが好きすぎて突進するので、危険がいっぱい。

なので仕方なくこんな風にしていました。

 

f:id:k-mutumi:20171215153852j:plain

これは、4年前、下のお孫ちゃんの初めてのクリスマスの写真です。

生後2か月ちょっとのころで、満面の笑顔のママと一緒の写真です。

 

写真が小さくて見えづらいのですが、下の方にはほとんどオーナメントがありません。

これは、上のお孫ちゃん対策。

このころまだ3歳だったお孫ちゃんは、オーナメントポイポイ投げる楽しみを覚えてしまいました。

触っている時にツリーが倒れてケガさせてはいけないと、苦肉の策でこんな風に飾った記憶があります。

 

f:id:k-mutumi:20171215154709j:plain

そして今年。

ちょっと前の家族のお誕生日会のワンシーンです。

クリスマスと家族のお誕生日が近いので、こんな写真がたくさん残っています。

クリスマスツリーが華やかさをプラスしてくれています♬

 

娘は年々母親らしくなり、赤ちゃんだったお孫ちゃん2人とも大きくなりました。

こうして子どもや孫の成長を見守れるのはホントに幸せな事だと思います。

 

ツリーを引き立ててくれているアイテム達💛

メインのツリーだけが目立つのはかえってアンバランスになるかもしれないという事に気づき、バランスをとりながら、毎年ちょっとずつ趣向を変えて、飾り付けを楽しんでいます。ここ9年間の取り組みをちょこっとご紹介しますね。

 

f:id:k-mutumi:20171215220945j:plain

その1つとして飾った、小ぶりな壁掛けツリーです。イトーヨーカドーで購入したお手頃なツリーなのですが、メインのツリーの近くに置いるせいか、相乗効果でとっても良い感じに見えます。

 

その横には、お孫ちゃんが保育園で作ったクリスマスリーズを飾りました。

 

f:id:k-mutumi:20171215221027j:plain

 クリスマス当日にはクリスマスカラーの生花を飾るのもステキです。

 

f:id:k-mutumi:20171215221137j:plain

これは数年前。本棚の上にいろんなオーナメントを集合させてみました。

 

f:id:k-mutumi:20171215221229j:plain

これは、キッチンカウンターの隅っこを使った年です。

 

f:id:k-mutumi:20171215221323j:plain

 今年は、こんな風にテレビ横に小さめのものを多めにおいてみました。中央はお孫ちゃんが粘土で作った手作りオーナメントです。

 

f:id:k-mutumi:20171215221431j:plain

その隣にはこの3人組💛お孫ちゃんチョイスです。

セリアさんで購入しました♬

 

f:id:k-mutumi:20171215221526j:plain

f:id:k-mutumi:20171215221826j:plain

f:id:k-mutumi:20171215221904j:plain

玄関もできる範囲で飾ってみました。

 

f:id:k-mutumi:20171215221742j:plain

リースは外せません。これは玄関。

 

f:id:k-mutumi:20171215222025j:plain

f:id:k-mutumi:20171215222046j:plain

子ども部屋。

 

f:id:k-mutumi:20171215222119j:plain

リビングへの扉。

 

我が家は狭いので、これくらい飾れば、クリスマスムードにしっかり浸れます(#^^#)

 

もうすぐクリスマス本番です。

皆様、素敵なクリスマスをお過ごしください。

 

最後までお読みいただき、感謝です。

ありがとうございました。

 

ばあばでした。

f:id:k-mutumi:20171215222736j:plain

徐々に1センチ刻みにシフトしつつある?子どもの靴のサイズ設定に不満を感じながらも、「アキレスの俊足があるから安心」と思っている件

おみなさんこんにちは。今日は子供靴について書きたいと思います。

 

いつからだろう、多くの靴のサイズが1センチ刻みになってきたのは。大人は工夫すればいいけど、子供靴でコレはNGじゃないかな。

f:id:k-mutumi:20171211235744j:plain

 

某大手シューズショップに、お孫ちゃんの靴を買いに行きました。気に入ったデザインの靴を試着したところ、ちょっとだけキツそうだったので、0.5センチ大きめのサイズが欲しいと伝えたら、「この靴は1センチ刻みのお作りになっています」と言われました。

 

ここ数年、子供の靴を買いに行くと、店員さんからこんなリアクションが返って来る事が増えた&ワンサイズ大き目の靴を勧められることがあります。

 

合わない靴の弊害は、想像以上に大きいらしい

私はライターという職業を通して、いろんな情報に触れます。 たとえば足の歪みの原因の一つがサイズの合わない靴を履くことという現実について。なので、ワンサイズ大きめの靴を進められたり、中敷きで調整というテクニックを教えていただいた時には、丁重にお断りすることに決めています。特に、子供の通学靴ならここは譲れません。

 

f:id:k-mutumi:20171212000104j:plain

 

私たちは毎日の生活の中で歩きます。その歩数は個人差がありますが、小学生の場合は1日に平均1万歩以上歩くのだそうです。

 

www.seikatsusyukanbyo.com

第1節 発育|平成27年版子ども・若者白書(全体版) - 内閣府

 

この歩数は、登下校時の歩数割合がほとんどで、それ以外では、工程や遊具で遊ぶ・移動・体育の授業・休日の遊びの時間などなど。実に多くのシーンで靴を履いて生活します。ごく当たり前なのですが。

 

その間、ずっと合わない靴で生活するのは、きっと大人でも歩きにくさを感じると思うのですが、そんな時に私たちの足に起きているのはコレなのです。

 

履く靴のサイスが大きいと、靴の中で足が動いて歩きにくい。それを解消するために、無意識に足の指を大きく広げる・足の指を上にそらすなど、靴が脱げないように足の指で器用に調整しています。

 

そうすれば、少々大きい靴を履いたとしても、歩き、動くことはできるのです。しかし、コレは別の問題を生む原因になっています。

 

f:id:k-mutumi:20171212000431j:plain

 

「浮き指」が足の歪みを招く

 

浮き指とは、足の指が地面につかず浮いた状態で歩く事。浮き指になっても、ほとんどの場合は気づかないのだとか。

 

正しい歩き方とは、足の裏全体を地面につけて歩く事なのですが、浮き指の状態で長期間歩くと、不安定な状態を強いられます。それをサポートするために足の筋肉がいびつな状態になり、O脚・下半身太り・足を引きずって歩く「すり足」などを招くのだそうです。そして、これらは将来的に慢性頭痛・めまい・肩こり・血行不良などなど、多くの健康問題に発展するほど深刻な問題なのだそうです。

f:id:k-mutumi:20171212000629j:plain

 

X脚、O脚の子を救う 歩き方&立ち方 | 雑誌『プレジデントファミリー』の公式サイト(プレジデント社)

 

だから、ホントはすぐにでも解決しないといけません。ですが、足の歪みは、ほとんどの場合痛みを伴わないので、はなかなか気づかないのです。

 

運よく気づくタイミングがあるとすれば、ゆがみから別の問題が生じ、生活に何らかの問題が生じたタイミングなのだどか。

 

だとえば、O脚の子どもが腰痛を訴えたために病院に行き、医師によって浮き指を指摘されたたとか、足を引きずって歩くクセのある子供が、そのクセが引き金となる大きなケガをした。それがきっかけで歩き方教室に通ったら、足の歪みを指摘されたなど。

 

f:id:k-mutumi:20171212000841p:plain

 

そんな感じで、問題が拡大した時にやっと気づくのだそうです。そこで気づいて矯正できるのはラッキーなケースで、そのまま気づかないでやり過ごされるケースの方が圧倒的に多いのだとか。

 

もちろん、脚にゆがみを持つ子供のすべてに健康問題が生じるわけではないのですが、「そうなってみないとわからない」というギャンブル的な状況は生まないに越したことはありません。

 

この事からいえるのは、「子どもにとって歩きやすい靴を履かせてあげることは想像以上に大切」だという事です。少なくとも、サイズの大きな靴を普段履きにするのはNG。

 

とはいえ、どうしてオシャレな靴が履きたい!なんてこともありますよね。ですから、オシャレ目的で履く靴と、普段の生活で履く靴は分けて考えましょう。

 

子どもの足のカタチは10歳までには決まると言われています。できる限り早めに子供の靴のフィット感・歩きやすさについてチェックしてあげましょう。

 

f:id:k-mutumi:20171212001127j:plain

おススメするのはやっぱりアキレスの俊足でした

 これまで、子どもや孫には多くの靴を選んできました。その長年の経験から一番おススメできる靴として、アキレスの俊足シリーズをおススメします。

ばあば目線でおススメする理由は・・・

f:id:k-mutumi:20171212001254j:plain

・0.5センチ刻みのサイズ設定になっている

・子どもの足の成長をサポートするいろんな機能が備わっている

・デザインが豊富

・取り扱い店舗が多く、入手しやすい

・価格が比較的安価

・値段の割に丈夫にできていてコスパが良い

・足にトラブルが起こりにくい(靴擦れ・痛みを訴えるなど)

・子供が好んで履きたがる(我が家)


www.syunsoku.jp

 

 

デザインは残念に感じる人もいるのかも。

それはただ1点、デザイン性ではオシャレなスニーカーには勝てないかもしれません。私個人としては、オシャレよりも機能性と思っていますので、我が家的にはデザインがイマイチでも全然問題なしです。

 

何より、小学校一年生の孫が「これが一番歩きやすいから好き💛」と言って、オシャレな靴を差し置いて履きたがるのが俊足なので、これが俊足をおススメする最大の理由です。凄いです、俊足(*'▽')

 

我が家のお孫ちゃんのお気に入りの俊足です(*'▽')購入して約半年が経過していますので、ちょっとくたびれて見えますが、まだまだ履けそうです。

 

左上に別ブランドの靴が映りこんでいます。これはデザイン性はお気に入り。でも歩きにくくて残念に感じているのだそうです。

 

f:id:k-mutumi:20171211231301j:plain

 

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%82%AF-%E3%83%AC%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%A4-RS2-5-LEJ-3590/dp/B01MXOVQNP/ref=sr_1_25?ie=UTF8&qid=1512998841&sr=8-25&keywords=%E4%BF%8A%E8%B6%B3&th=1

 

オシャレな靴は、休日専用で取り入れよう。

そんな孫娘ですが、そこは女の子。休日にオシャレなワンピースなどを着た日には足元のファッションにもこだわりを見せます。

 

今はキラキラ光るスニーカーが一番のお気に入り。サイズはジャストを購入しているのですが、歩きにくいのだとか。でもお出かけの時には頑張って履いています。

 

f:id:k-mutumi:20171212001530j:plain

安全・健康・コスパ優先ならば、アキレスの俊足がおススメです!

そんなわけで、今回は私の独断と偏見で通学靴ナンバーワンはアキレス社の俊足としてご紹介しました。

 

オシャレよりも、子どもの歩きやすさ・安全・健康が一番。そして親にとってはコスパも大切。ならば、それらを全部解消してくれる、アキレス社製の俊足を自信をもっておススメします。

 

これからも、子供が「嫌だ、履かない」というその日がくるまでは、このアキレス社の俊足にお世話になります。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

ばあばでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に買ってよかったもの/寒さ対策に購入したカシウエアのローブが完全無欠で、もうこれなしでは冬は越せません。

 

皆さまこんにちは。本格的な冬到来!毎日ホントに寒いですね。今回は、そんな冬の寒さから私を助けてくれているカシウエアのローブをご紹介します。

 

我が家にあるカシウエアのローブはこの2つ

 f:id:k-mutumi:20171210172141j:plain

数年前 に寒さ対策用にと購入したカシウエアのローブです。着てすぐにその暖かさにびっくり!もう、これなしでは冬は越せません。左のピンクは私が使用しているローブで、右の白は娘(長女)にプレゼントしたローブです。

  

f:id:k-mutumi:20171210180655j:plain

 

最初に買ったのは、カシウエアのブランケットでした。

実は、このローブを買う前に、実は我が家にはカシウエアのブランケットがありました。これは、その価値などあまり理解していなかった私が、ブランド大好きな次女のお誕生日になんとなくプレゼントしたものだったのですが、そのブランケットの暖かさにびっくり( ゚Д゚)それがきっかけでローブにも興味を持ちました。

 

f:id:k-mutumi:20171210231950p:plain

 

f:id:k-mutumi:20171210232105j:plain

 

 2014年12月、カシウエアのローブを入手しました。

f:id:k-mutumi:20171210234326p:plain

f:id:k-mutumi:20171210172141j:plain

 

そして、リサーチの結果、長女と私の分を2枚購入しました。

 

比べたのはフランキー&ジョニー・ベアフッドドリームズのローブなどなど。

それまでに購入して比較したローブなどは全部で5個くらい。見た目・性能・問題解決できたかどうかなど、すべての面でカシウエアがダントツ1位でした。

f:id:k-mutumi:20171203010743j:plain

f:id:k-mutumi:20171203012120j:plain

f:id:k-mutumi:20171211004634j:plain

f:id:k-mutumi:20171203005841j:plain

 

私がカシウエアに求めたのは、コートに負けない暖かさ。

 私がカシウエアのローブに求めたのは、真冬の日常のどうしようもない寒さを何とかしてくれること。

寒さを痛感するのは、こんなシーンです。

  • 朝起きた時
  • ベランダで洗濯物を干す時
  • 外出から帰宅してコートを脱いだ後
  • 夜中机に向かって読書やパソコンをしている時
  • お風呂上がりの濡れた髪の時

私にとって特に辛いのが、ベランダでの洗濯物干し。コートを着ようかと真剣に考えるほど寒い。なので、それまでにも寒さしのぎにローブを使用していたのですが、100点満点満足できるほどは寒さをしのぐことはできていませんでした。

 

なので、ネックウォーマーやチンして使う湯たんぽみたいなやつを首にかけるとか、アイテム総動員して寒さ対策していたので、ある意味対策は万全!でした。でも、いろんなアイテムを準備するのは面倒ですし、時間がなくて準備できない時もあります。そんな時には寒さを我慢してやり過ごします。

 

これがとても辛いし、最悪の場合には体調を崩してしまいます。なので、私にはどうしても「真冬に着るコートにも負けないくらい暖かい部屋着」が必要でした。

 

カシウエアのローブはコートに負けない暖かさを持っていた💛

f:id:k-mutumi:20171210180655j:plain

そんなこんなで購入したカシウエアのローブですが、コレはもう、ほんとに100点満点、自信を持っておススメできるレベルの暖かさです。

 

例えば、これはフランキー&ジョニーのローブで、カシウエアを購入する直前まで使用していました。

※今は夫専用になっています。

f:id:k-mutumi:20171203014001j:plain

 

f:id:k-mutumi:20171203012120j:plainカシウエアのローブに出会うまで、このローブが1番でしたが、カシウエアに出会って2位に陥落。カシウエアが100点満点だとすると、コレは70点くらいカナ。その違いは、もっと良いものないかな?と探すかどうか。

 

跡えば、真冬のベランダで洗濯物を干す時など、フランキー&ジョニーのガウンを着ている時には、暖かさを感じつつも、どこかにもうちょっと暖かいローブないかな?といつも思っていました。

 

でも、カシウエアのローブになってから、そう考えること自体がなくなりました。体の冷えが原因で起こる頭痛などの体調不良も減りましたので、次買う時も絶対カシウエアと決めいます。

 

そんな風に、これ以上の商品を探す必要を感じないほど、カシウエアは私の寒い問題を解決してくれました。ありがとうカシウエア(*'▽')

 

  カシウエアとは

f:id:k-mutumi:20171211005413j:plain

1999年、アメリカ発のアパレルブランド。そのクオリティの高さから、フォーシーズンズ、リッツカールトンをはじめとする、一流ホテルで採用されているそうです。そして、アカデミー賞グラミー賞などのギフトとしても選ばれていて、多くのセレブリティに愛されるブランドなのだとか。

 

カシウエアの凄さその① 着心地と肌触り

そのクオリティの高さとは、なんといっても肌触りの良さでしょう。カシウエアの肌触りのよさはカシミアの肌触りにたとえられていますが、実際に使用すると、カシミアをはるかに凌いでいるのでは?と感じるほど柔らく、肌への刺激など全く感じません。

 

ローブは全体的に肉厚ですので、一見して重たそうに見えるのですが、着てみると柔らかさとか体への負担の少なさからか、全く重さは気になりません。

 

カシウエアの凄さその② とにかく暖かい

とにかく暖かい。私にとってはこれが一番ありがたい。カシウエアは実は100パーセントポリエステルでできている繊維なのですが、そう言われなければわからないくらいに暖かく、ウールとか入っているの?と感じるくらいの暖かさです。

 

暖かいという謳い文句の化学繊維の洋服はたくさんありますが、ここまで裏切らないものって、なかなか出会えないと思います。 

カシウエアの凄さその③ お手入れラクラク

私たち女性にとって、日常着はお手入れが楽でなければNGですよね。その点もカシウエアは完ぺきで、家庭用の洗濯乾燥機でガンガン洗えて乾燥させられます。

 

私はキッチンでも着用しるので、当然よく汚します。あ、やっちゃった!とそんな時には、洗濯乾燥機にポイっ入れてスタートしておけば、2時間程度ですぐに着ることができます。

 

カシウエアの凄さその④ 丈夫で長持ち

f:id:k-mutumi:20171211013251j:plain

写真のローブは3年使用していますが、ほとんどヘタレていません。何度も何度も洗濯&乾燥機をかけていてこの丈夫さ。まだまだ着れそうです。買う時には高いカナと思いますが、コスパは最高だと思います。

 

もっと知りたい肩は、こちらをご覧ください(*'▽')

kashwere Japan (カシウエア ジャパン) | about kashwere (カシウエアについて)

 

 他のブランドについて

 比較したブランドのアイテムについてちょこっとご紹介しておきます。ご参考になさってください。

 

 BAREFOOT DREAMS(ベアフッドドリームズ)

f:id:k-mutumi:20171203010743j:plain

最初に購入したのが真ん中のボーダー。BAREFOOT DREAMS(ベアフッドドリームズ)というブランドのローブです。軽くて柔らかくて、着心地は最高なのですが、残念ながらコートの代わりになるほど暖かいものではありませんでした。ですので、今は春と秋のちょっと肌寒いかなという時に着用しています。

 

とはいえ、BAREFOOT DREAMS(ベアフッドドリームズ)の商品をあれこれ試したわけではなく、購入したのはこのローブだけ。コートに負けない最強のガウンもあるのかもしれませんね。

 

www.barefootdreams.jp

 

Frankie&Johnny(フランキー&ジョニー)

f:id:k-mutumi:20171203012120j:plainこれはFrankie&Johnny(フランキー&ジョニー)というブランドのローブです。こちらも軽くて着心地は最高。防寒機能もある程度は満足できるレベルだったのですが、もっと良いものないかな?という発想がなくなるほどではありませんでした。

その後、更なる追及の結果、カシウエアに出会いましたので、満足度第二位に陥落です。

 

今は夫専用のガウンです(*'▽')

パパごめんね( *´艸`)

でも、気に入って着てくれているので、ま、いっか(*'▽')

 

f:id:k-mutumi:20171203014001j:plain

 

 

 

 カシウエアの残念なところ

f:id:k-mutumi:20171203005841j:plain専用の置き場所が必要

場所御覧の通り、場所をとりますので、決まった置き場所を確保する必要があります。私はこのローブのために、壁掛けフックを増やしました。

 

暑いかも?

とにかく暖かい。なので、ローブとして着用できるのは寒い時期だけになるかな?と思います。夏の冷房対策には向いていません。

 

サイズ感に注意

f:id:k-mutumi:20171211013251j:plain

私が購入したのが並行輸入品でアメリカサイズ。だからなのかもしれませんが、日本ブランドに比べてサイズが大きい。これは、身長157センチの私がS/Mサイズを着たところ。ウエスト部分をベルトで結んでこの長さ。ベルトがなければ引きずる感じになります。購入時には、サイズ感には注意が必要ですので、ショップへの問い合わせをおススメします。

ディスカウントショップの対応はまちまちですが、カシウエアジャパンのオンラインショップはとっても親切丁寧です。私も次回はこっちで購入したいです。

kashwere Japan (カシウエア ジャパン) | ONLINE SHOP (オンラインショップ)

 

以上、カシウエアのローブについてご紹介しました。

 

冬の寒さ対策にはカシウエアのローブが本当におススメ。是非大切な人にプレゼントすれば、きっと喜んでもらえると思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

ばあばでした。

 

目的はメインのまな板の滑り止め。ニトリさんのまな板シート買ってよかったこと、悪かったこと

ニトリさんのまな板シート。買ってよかったこと、悪かったこと

 

今日ご紹介するのは、ニトリさん発やわらかシートまな板。

 

www.nitori-net.jp

 

 

正式名称は「エラストーマやわらかシート」

買った理由は、メインのまな板の滑り止め。

 

基本的には、これ自体がまな板なのですが、

滑り止めにもなると書いてあったので買いました。 

買ったのはこれ ⤵⤵⤵

  

f:id:k-mutumi:20171107231317j:plain

 

ここにこうして・・・

f:id:k-mutumi:20171107233359j:plain

 

「ピタッ」&「滑り防止の下敷きに」と書いてあります。

 

買って悪かったこと

 f:id:k-mutumi:20170908231105j:plain

滑るので滑り止めとしてはアウトでした。 

とっても期待していたので残念です(*'▽')

 

ニトリさんのエラストーマやわらかシートを買った目的

 

 私がこのやわらかまな板を買った目的は 

メインのまな板の滑り止め要員。 

これが我が家のメインのまな板です 

 

f:id:k-mutumi:20171109221529j:plainf:id:k-mutumi:20171109221529j:plainf:id:k-mutumi:20171109221529j:plainf:id:k-mutumi:20171109221529j:plainf:id:k-mutumi:20171109221529j:plainf:id:k-mutumi:20171109221529j:plainf:id:k-mutumi:20171109221529j:plainf:id:k-mutumi:20171109221529j:plainf:id:k-mutumi:20171109221529j:plainf:id:k-mutumi:20171109221529j:plainf:id:k-mutumi:20171109221529j:plainf:id:k-mutumi:20171109221529j:plain


f:id:k-mutumi:20171108233402j:plain

 

実は、我が家では長年「まな板が滑る問題」を抱えています。 

それを解決したかったので購入しました。

 

何せ、包丁って

 

f:id:k-mutumi:20171114001040j:plain

 

こんな硬いカボチャも・・・

 

 

 

f:id:k-mutumi:20171114001202j:plain



こんな滑りやすいものだってカットするわけですから・・・ 

「あら、動いちゃった」ではキケンがいっぱいです。 

運が良ければ・・・

 

f:id:k-mutumi:20171109222409p:plain

 

この程度で済みますが、運が悪ければ・・・

 

 

 

f:id:k-mutumi:20171109222636j:plain

こっちです。

私、これはイヤです・・・( *´艸`)

 

安全第一。

 

f:id:k-mutumi:20171109003009p:plain

 

なので、普段はこのフキンにお世話になっています。

 

f:id:k-mutumi:20171108233735j:plain

 

いつもはこのフキンをまな板の下に敷いて滑り止めとして使っています。 

地味なこのフキンが侮れない。

 

これさえまな板の下に敷いておけば、まな板全然滑りませんから。 

とっても優秀で、これまですっと私をサポートしてくれています。

 

あれれ、「まな板滑る問題」抱えてなかった( *´艸`) 

私が抱えていたのは、

 

「まな板滑らないけど、もうちょっと良いものないかな?問題」でした(*'▽')

 

フキンは優秀でGOODなのですが、使い方にちょっとだけ手間がかかります。 

このまま使うとやっぱり滑るので 

しっかりと濡らしてからギュッと絞ります。

 

そして半分に折って・・・(こんな感じに↓↓↓)

 

f:id:k-mutumi:20171108233928j:plain

 

その上にまな板を置きます↓↓↓これね(*^-^*)

 

f:id:k-mutumi:20171108234202j:plain

 

見やすくするためにおフキンがちょっと見えていますが、

実際にはしっかりと下に入り込んだ状態で使用します。

こうすれば、ほとんど滑ることはありません👇

f:id:k-mutumi:20171108234416j:plain

 

「なんだ~、だったらフキンでいいじゃん~」と思いますよね。 

正解 !Σ(´∀`;)

 

なのですが・・・ 

そこは主婦のサガなのでしょう。 

 

もっと良い方法はないものか・・・ 

どっかに良いアイテムはないものか・・・ 

できればちょっとこじゃれてて・・・ 

と、探してしまうのです(*'▽')

 

ですので、れまでにもいろんなアイテムで解決を試みたのですが全て撃沈。 

ダメでした。

 

なのでこのシートを偶然見かけた時には大きな期待を胸に即購入してしまいました。

 

ニトリさんのエラストーマやわらかシートがアウトだった理由

アウト・セーフの基準は、フキンと同じくらいのホールド感があるかどうか。

 フキンの場合、全くといってよいほどに滑りませんから。 

 

でも、このやわらかシートの場合は、 

トントントンとリズミカルに野菜などを切っていると 

トントントンと同じくリズミカルに前進します(´・ω・`)

 

何も敷いてない時に比べると、 

「そこそこの効果はある」のですが、 

「滑らない・危なくない」が私の絶対条件。

 

安全第一なので、私の評価は残念ながらアウト!!

 

f:id:k-mutumi:20171109223812j:plain

 

「そこそこ止まるけど、たまに止まらない」車のブレーキもアウトですし、 

「めったにないけど、ごくまれに不完全燃焼を起こす」ヒーターもアウト。 

「たまにお腹を壊すことのある」牛乳も絶対アウトです。

 

これと同じで、 

そこそこ滑らないけど、時々滑るまな板の滑り止めも私基準ではアウトです。

 

だって・・・

 

f:id:k-mutumi:20171109222636j:plain

 

これはどしてもイヤだから。 

コワイです( *´艸`)

  

求めていたのはコレ!

 

私が期待したのは、これ。 

 ピタっと書いているコレが欲しかったのです。 

まな板を使っている時に全然動かなくて、ピタッと止まる滑り止め。

 

f:id:k-mutumi:20171107233359j:plain

 

でも、実際に使ってみると、ピタッとは止まらないです。 

でもこれは、もしかすると私の使い方が悪いのかもしれないし、

 我が家のシンクの問題かもしれません。

 

なので謝ります。 

ニトリさん、私は御社のアイテムをディスりました。 

ごめんなさい。

 

ちなみに、我が家のシンクのテクスチャはこれ ⤵⤵⤵

 

f:id:k-mutumi:20171109003312j:plain

 多分、ごくごく普通のシンクです。

 

 

買ってよかったこと

 

ここまでディスっといて、今さら何?となりますよね。 

でも、このシートは本来の「滑り止め」目的ではアウトでしたが、 

別の用途で役立ってくれています。

 

野菜をカットしてそのまま移動できる。

私がこのやわらかまな板を使う時には、 

メインのまな板の上にオンします。 

滑り止めのフキンを敷いて( *´艸`)

 

細かく野菜とかをカットする時はこんな感じになります。

 

f:id:k-mutumi:20171115230751j:plain

 

そして、月並みですが、

それをそのまま容器やお鍋にインできるのはやっぱり便利。

こんな感じです ⤵⤵⤵

 

f:id:k-mutumi:20171115231059j:plain

 

カッティングボードとして

そして、もう10年以上使っているお気に入りのカッティングボード ⤵⤵⤵

 

 

f:id:k-mutumi:20171115232728j:plain

ですが、そろそろ寿命かな。

思い入れがあるのですが( ;∀;)

 

もし、その時が来たらこのカッティングボードの代わりにもなります。

 ですので・・・

 

f:id:k-mutumi:20171115232927j:plain

こんな風に、「ちょこっと切りたいものがあるの」と、

そんな時には活躍間違いなしです。

 

料理スペースにも

そしてきっと・・・

 

f:id:k-mutumi:20171115231434j:plain

 

料理スペースとして、こんな風に食材を並べたりもできそうです。

 

案外フォトジェニック?

 

そしてもしかすると、案外フォトジェニックかも。 

いつか・・・

 

f:id:k-mutumi:20171115231835j:plain

 

こんな写真にも挑戦してみたくなりました。

  

買って正解?不正解?

 

結論、買ってよかった正解です。 

でも、滑りますので、目的は達成せずといったところです。

 皆さんも注意してお使いくださいね(^^♪

 

以上です。 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

役立つブログって何?と原点に立ち返って考えだした結論はいたってシンプルでした。

 

こんばんは。

 

ついに、ブログ書く書く詐欺のレベルに達してしまったばあばです。

 

f:id:k-mutumi:20170930003401j:plain

 

それはそれでいいか~な~・・・

 

なんて、全然思っていないのですが

 

せっかくなら、役立つ情報をと考えたら、

 

ピタッと筆が止まってしまい、

 

書くことから、読むことにシフトするかも的な感じになってしまいました。

 

毎日、ホントにとっても役立つブログや

 

Youtube動画を見てて

 

腰が引けてしまったというのがホントのところだったりしています。

 

ちょっとビビり&考えすぎる性格なものですから(*^_^*)

 

 

f:id:k-mutumi:20170404112639j:plain

 

でも、書く書く詐欺ついでに、もう一回。

 

ブログ書こうと思っていたりするわけです。

 

目的は、アフィリエイト

 

お孫ちゃん達と一緒にちょっとリッチな旅行に行く資金を貯めたいのです。

 

f:id:k-mutumi:20170930003858p:plain

 

仕事でそうすればいいのですが

 

アフィリエイトで実現して、お孫ちゃんに

 

「ばあばスゴイね❤」って、言って欲しいのです(#^.^#)

 

って事で、まずはテーマ決め。

 

せっかくなら役立つ情報を書きたい。

 

で、それって何?

 

そうなりますよね。ワカリマス(#^.^#)

 

 

f:id:k-mutumi:20170412155633j:plain



なので、普通~に生活してて

 

これ役立つかもしれないから、誰かに教えてあげたい。

 

そんな衝動を感じたら、それらを素直に書いていきたいと考えています。

 

まずはブログ書くことに慣れなきゃね。

 

それにね、ライターです、ワタシ。

 

 

 f:id:k-mutumi:20170902005714j:plain

 

ブログを書く上でも、ライターの仕事でも心がけている事があります。

 

①可能な限り経験に基づいて書く→1次情報

②それが無理なら、根拠の明確な事しか書かない→2次情報

 

これを守って仕事しています。

 

そこで今回お伝えするのが、いつも使っているトイレットペーパーについて。

 

唐突ですが、実は我が家は災害に備えています。

 

もしも、自分の住んでいる場所に災害が起こって

 

ライフラインが止まったと仮定して

 

まずは出来る事からと考え、始めたのがスマートストック

 

スマートストックって何?

f:id:k-mutumi:20170930014745j:plain

 

普段の生活の中で工夫して、物資の備蓄をかなえる事。

 

それがスマートストック

 

以前は、災害用物資をあれこれキッチリそろえる事が一番かな?と思い、

 

一度は真面目に取り組んだのですが、これが案外難しくて挫折。

 

その理由は、置き場所に困ったり、予算が取れなかったり、在庫管理の問題など。

 

災害専用にストックしていると、

 

どんなにきっちりチェックしているつもりでも、

 

見落としとかが原因で、消費期限切れの食品が出てしまい

 

その分がロスになります。

 

それはもったいないのでNG。

 

何度かトライしても同じ事を繰り返してしまい、

 

なかなか解消しなかったので 

 

災害専用に備えるのではなく、

 

生活の中で工夫して、少し多めに生活物資蓄える方法

 

にシフトしました。

 

この取り組みを本格的に始めたのが、2011年の東日本大震災の年。

 

あの日以来、有事対応を頭の片隅に置きつつ、

 

家族のために続けています。

 

なので、既に6年が経過していて、途中何度も見直していますので

 

今はベストな・・・いえ、ベターな備蓄は出来ているカナ?と思います。

 

具体的な取り組みは・・・

 

たとえば、

 

お米は無洗米にして、常に10キロストックしています。 

 

米びつが空っぽになったら、この10キロの無洗米を米びつに移して

 

すぐに次の10キロを購入します。

 

これで、常に最少で10キロ、最大なら20キロ程度の無洗米が家にありますので、

 

1か月程度は主食には困りません。

 

これ以外では、

 

 ・缶詰製品を多用する事で、副食としてのストックに。

・水は常時2L×40本程度ストックして、お米を炊く&飲料水の確保に。

 ※これでは全然少ないので、見直しが必要ですが・・・(^_^;)

・レジャー用のペットボトルのお茶はドラッグストアなどで買い置きしておく。コンビニで買うよりもとっても安いので、経費節約にもなりますし、ストックにも。

・野菜ジュースやビタミン系サプリ、粉末青汁など、野菜に変わるものを常用する事で健康対策&有事の野菜不足対策に。

・シリアル、ナッツ、ドライフルーツなど、長期間&常温保存できるものを普段から使う事で、有事の食材確保&有事の食事による気分転換を図る。

・お菓子は出来る限り和菓子を購入。これを多めにストックすることで、普段のおやつでのカロリーオフ&有事の甘味確保。

などなど。

 

これ以外にもたくさん取り組んでいます。

 

今回は参考までにと、思いつくままに、ランダムにご紹介したので、ちょっとわかりにくい点があると思います。

 

れについては後日改めてご紹介しますね。

 

と、こんな感じで通常の消費量を参考に、

 

可能なら1か月分を、不可なら1週間程度分は常に確保できる状態を作っています。

 

 

今回はトイレットペーパー特集!

f:id:k-mutumi:20170930012703j:plain

 

我が家のトイレットペーパーは、このイーナに決めています。

 

その理由はコレ!!

 

①我が家の家族のお尻との相性がよい

②2倍巻きなので普段使いが便利

③2倍巻きなのに、1巻きのサイズがほぼ普通巻きと同じ。なのでストックの場所に困らない

④入手がカンタン、近所のドラッグストアで売っている

コスパ最高!!メーカー様、アリガトウゴザイマスm(__)m

※2017年9月末現在、アマゾン価格で718円でした。

 

参考元:Amazon CAPTCHA

 f:id:k-mutumi:20170930103935j:plain

我が家は5人家族。

 

1か月に消費するトイレットペーパーは約12ロール強。

 

小さい子供が2人いるので、大人だけの世帯よりも多いと思います。

 

これを1か月分備えるために、イーナなら1パックあれば十分。

 

2か月近く持つかもしれません。

 

ストック場所はここ↓↓↓

f:id:k-mutumi:20170930013130j:plain

 

至って普通のトイレの収納。

 

一見狭く見えますが、ある程度は奥行きがあるので、トイレットペーパーが最高で27個程度収納できます。

 

半分程度まで減ったら、買い足すようにしていますので、最低でも12巻程度×2倍巻き分あります。

 

これは我が家の2か月弱分のストックなので、「お尻を拭けないかもしれない問題」は勃発しないと考えています。

 

もしも「お尻を拭けな問題」が勃発てしまったご近所さんがいれば、おすそ分けもできます。

  

気になる点は・・・まいっか。

f:id:k-mutumi:20170930013511j:plain

我が家のトイレットペーパーホルダーにはギリギリ収まるサイズ?という印象。

 

1巻2倍のイーナですので、当然その分重たさがあります。

 

なのでカナ?使ために巻き取る時、ガタゴトと結構な音がします。

 

ま、それでもお尻を拭けないかもしれない危機的状況に比べれば、

 

大した問題ではありませんのでスルーです(*^_^*)

 

えてのシングル、それは友情の証し♪

 

我が家のトイレットペーパーはすっとシングル。

 

その理由は、友人の教えである

 

「トイレットペーパーダブルは不経済説」

 

ダブルだからと言って、巻き取る長さはそうそう変わらない。※お友達調べ(-_-)

 

という事は、ダブルは不経済だから、

 

結婚したらトイレットペーパーはシングルにしなさい!

 

と、1歳年上のお友達が力説してくれました。

 

今は会えないお友達なのですが、

 

友情の証しに、大好きだったお友達の

 

この教えを守っています。

 

なので、我が家のトイレットペーパーはずっとシングル。

 

家族にとってダブルは憧れの存在♪なのです。

 

 

f:id:k-mutumi:20170930014521j:plain

 

まとめ

災害時には、食べ物や電気・ガスもなくては困ります。

 

そして、同じレベルで困るのがトイレだと聞きました。

 

どこでするか?はその時に考えるとして、どう処理するか?は出来る限りいつも通りの方法が良いと考え、

 

いつも使っているトイレットペーパーを多めにストックしています。

 

皆様もお試しくださいね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(__)m

 

f:id:k-mutumi:20170930015437j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トイザラスの債務整理のニュースがきっかけで、夫のホンネが聞けました(#^.^#)

こんにちは。

 

f:id:k-mutumi:20170908231105j:plain

 

今日、米トイザラスが債務整理の手続きに入ったとの一報が。

 

この時の夫婦の会話が何とも興味深かったので、書いてみますね。

 

 

f:id:k-mutumi:20170908232455p:plain

 

 

私:パパ、アメリカのトイザラス債務整理ってニュースが出てる!

 

夫:え”~~~、、、何かと良い思い出がある場所だから、なくなったら寂しいよね。

 

私:え”~~~

 

夫:ん???

 

私:ナクナルトサミシイ?思い出深いって?

 

夫:・・・クリスマスとか、お誕生日とか、子供と買い物に行った思い出の場所じゃない?

 

私:へ~~~、そんな風に思ってたんだ!

 

夫:違うの?

 

私:違わない、いや、やっぱ違う。

 

夫:ナヌ?

 

私:トイザラスの近くって、だいたい渋滞しているから、それにはまったらパパが不機嫌になるでしょ。

 

f:id:k-mutumi:20170908232942j:plain

 

だからキライなのかと思ってた!

 

夫:そんな事ないよ。好き♪♪

 

私:ワカリニクイヨ!!

 

夫:そう?ハハハ~

 

私:ハハハ~(心の中→ハハハじゃねーし<`~´>)

 

じゃあ、なんでいっつもブーブー言ってたの?

 

夫:そんなブーブー言ってたっけ?

 

私:言ってましたとも。ブーブーブヒブヒ。

 

夫:記憶が・・・ないな。

 

だから最近行かないの?

 

私:そう。あなたのせい。

 

夫:(-_-)・・・m(__)mm(__)mm(__)m・・・マタイコウネ・・・

 

私:!(^^)!!(^^)!!(^^)!キタイシテマス❤

 

って感じで、本題そっちのけのハナシになりました。

 

 

この会話を振り返って

 

”パパ、トイザラス好きだったのね。そして、あなたなりに楽しんでたのね。それなら良いのヨ。しかし、ホントにあなたはわかりにくい。いまだ攻略できません。

 

でも、それが面白いのだけれど。。。”

 

 

って事で、また誘ってみたいと思います。きっとまた渋滞にはブーブー言うと思いますが、、、

 

でも、これってトイザラスがなくならなければのハナシ、ですね。。。

 

f:id:k-mutumi:20170908233123p:plain

 

 

自己紹介をしていなかったので、さっそく書いてみる事にしました(^_^)

何となくブログを書き始めて、

記事は書いたり書かなかったり。 

 

いや、書かなかったり書かなかったりのほうが正確な表現でした(^_^;)

 

せっかく始めた事なのに、これはよくないですよね。

という事で、仕切り直してもう一回。

 

まずは自己紹介から

 

  f:id:k-mutumi:20170902104712j:plain

 

年齢:50歳

趣味:お孫ちゃん❤と遊ぶこと。

仕事:WEBライター

性格:オタク

大切:家族です❤

 

ちょっとだけ、家族についてのご紹介です。 

 

まずは夫。この人の笑顔が大好き。

 

ちょっと難しい性格ですが、そこも含めて大切な人。

 

愛する夫です。

 

そして、娘ちゃんは2人。

 

今一緒に暮らしているのは、天然の長女さん。

 

突拍子もない行動に、毎日がサプライズ?!な感じですが、この子とおしゃべりしている時間が案外息抜きになっています。


お孫ちゃんは2人。一緒に遊んだり、一緒においしい物食べたり、一緒にテレビ見て笑ったり、それだけで幸せを与えてくれる、人生の豊かさを実感できる存在。

 

とってもとっても大切です。

 

しっかり「たくさんの幸せな時間」でお返ししなきゃと思います。

 

好き:これは書ききれないくらいにたくさんありますので、思いつくままに書いてみます。

 

まず、ネットで情報検索すること。 読書も好きです。犬・猫・お料理・洗濯・図書館・ネットショッピング・手芸用品店・文房具・イトーヨーカ堂・セリア・天満屋・映画・アニマルプラネットのミーヤキャットのフラワー母さん&ファミリー特集・スポンジボブ・B'z・DEAN FUJIOKAさん・MIYAVIさん・三浦大地くんはポンキッキーズ時代から好き・尾崎豊さん・散歩・サッカーなどなど

 

苦:大きいくも(スパイダー)・ヘビ・苦い食べ物・文字を書くこと・自転車・アイロン・・・

 

あこがれ:となりのトトロにでてくる、カンタのおばあちゃん。

私の理想はこんな感じでした。

お孫ちゃんがでる年齢には、仕事はリタイアしてて、夫と二人で小さな畑で野菜とか作ってる。

で、たまにお孫ちゃんが遊びに来たら、一緒に畑で野菜とって、ソーメンとかと一緒に食べる。

 

でも実際は、ちょっと早くお孫ちゃんが出来たので、リタイアするには早すぎる年齢。毎日パソコンに向かって仕事してて、マンション暮らしなので、畑なんて夢のまた夢。

 

ベランダでガーデニングしてみても、プチトマトでさえまともに作れません。

 

あるいは、ちびまる子のともぞうおじいさん。

あんな関係に憧れます。

でも、私は女性。

おじいさんにはなれそうにないのであきらめました。

 

これが私の現実です。

 

ただ、お孫ちゃんとは一緒に住んでいるので、毎日元気なお顔を見れるのが何より幸せです。

 

自慢:毎週末、おまごちゃん二人が「ばあばと一緒に寝たい~」と、部屋にお泊りに来てくれる事。いつまで一緒に寝てくれるかな?と思いながら、今の時間を楽しんでいます。

 

そして、40代後半に勉強して取り組んだダイエットを成功させたこと。その時にほんの少し筋力アップしたのが良かったのか、体年齢は30代半ば。素直にうれしいです!(^^)!

 

そのスコアは50才になった今でも保っています。

 

 仕事はWEBライター

 

f:id:k-mutumi:20170902003726j:plain

 

 

元々情報システム関係の仕事をしていたのですが、今はWEBライター。

デビューは約1年前でした。

 

 

 WEBライター転職のきっかけはこの2人

 

f:id:k-mutumi:20170305001505j:plain

 

情報システムの仕事はとっても好きでした。性格にもあっていたと感じています。

しかし、仕事やそのための勉強に忙殺されることが多く、自分の時間がなかなか持てないのが悩みの種でした。

 

そうこうしていると、お孫ちゃんが生まれ、その可愛さにノックアウト。

可愛いお孫ちゃんたちと毎日遊びほうけて生活したいとの思いが強くなり

仕事をやめるタイミングを虎視眈々と狙っていました。

 

でも、実際に仕事をやめるのって、

頭で考えるほど、カンタンな事ではありません。

ということで、仕事のボリュームをセーブしつつ続けていました。

 

しかし、年齢を重ね、元々の虚弱体質に磨きがかってしまった事とか、

その他もろもろあり退職しました。 

 

でも、おまごちゃんと遊びほうけて生活するためにも

収入は得たいと考え、

ネットで在宅のお仕事探し。

 

運よくすぐにお仕事が見つかったので、

めでたくライターデビューできました。

 

f:id:k-mutumi:20170902005714j:plain

 

で、WEBライターってどんな仕事?

 

 情報を集めて・エビデンスとって・精査して・まとめあげるのがWEBライターの仕事、すくなくとも私はそんな感じでお仕事しています。

 

そして、SEO対策とか、

Wordpressへの入稿とか。

なかにはそんな要素も必要とされます。

 

ということで、日々勉強です(^_^;)

 

クロール先生は手ごわい?

 

 f:id:k-mutumi:20170902014028j:plain

SEOは、Googleのクロール先生のご機嫌?を伺いつつも

この質問にはどんな答えが必要か?

と、そっち優先で考えて実践しています。

 

もちろん、アルゴリズムへの対応も重要。

しかし、これは私にとっては難解です(-"-)

 

検索というクエスチョンに対して、

答えを出すのがGoogle先生アルゴリズム

 

そうしてはじき出した答えに順位がつくわけですから、

質問した人に見て頂けるかどうかがここで決まります。

 

という事で、アルゴリズムへの対応はとっても大切。

 

ただし、テクニックで攻略する事はNG。 

そっちに傾倒して、内容が薄くなっては何の意味もありません。

 

 そこに力を注ぐより、「質問の答えになっているか?」と、

記事の内容にこだわって書くことにしています。

 

記事を目にした人が「これ、ためになるよ~」と

思わずシェアしたくなるような、そんな記事が私の理想です。

 

もっとも、一番良いのは内容の充実+アルゴリズムへの対応。

なかなかですが、はやくここに到達してみたいです。

 

CMSは入稿のみ

CMSシステムは作れません。

出来上がったCMSへの入稿オンリーです。

 

なので、パソコンさえ使えれば誰でもできる範疇の事のみ。

たとえば、ここで書いているのと同じです(#^.^#)

タグも若干は扱いますが、ごくごく簡単なもののみです。

 

 しかし、そこはしっかり勉強して、「ばあちゃん凄い!」と、

お孫ちゃんに褒めてもらえるくらいのスキルは身につけたいと思います<`~´>

 

取材はごくごくたまに

 f:id:k-mutumi:20170902005657j:plain

そして、たまに取材もします。

ごくごくたまにですが(^o^)

 これは、システム開発時代の客先ヒアリングの経験が役立っています。

 

これが、WEBライターとしての私の仕事内容です。

 

前職の内容とライターの仕事はとってもニアリー。

なのでかな?ライターという仕事はとっても好きです。

自分の性格に合っているみたいです。

 

 

f:id:k-mutumi:20170902011902j:plain

 

今はまだまだ勉強中ですので、

過去の経験を活かしつつ、今の仕事内容とのフィット&ギャップをチェックしながら、

何とかやりこなしています。

 

文章は手直し必須です(#^.^#)

 f:id:k-mutumi:20170902005850j:plain

とばいえ、文章のプロではないので、

その点は目をつぶって下さり

添削・構成などの手直しをして頂ける

ふところの深いクライアント様からお仕事を頂いています。

 

クライアント様、いつもありがとうございますm(__)m

 

f:id:k-mutumi:20170902005937j:plain

 

そんなこんなで、プロとして記事を制作し

その原稿料でお孫ちゃんと遊びほうけていられるくらいの?

お金は何とか稼ぎだしています。

まだまだ目標には届きませんが・・・(^_^;)

 

それが今の私です。

 

皆様、なにとぞよろしくお願いいたします。

 

f:id:k-mutumi:20170902013755j:plain